FC2ブログ
ジャンヌ速報 翠星石「サバイバルゲームですぅ」

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

翠星石「サバイバルゲームですぅ」 




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:19:20.91 ID:jpppWk6E0
冬、ペンション、スキー
アリスゲームは停戦となった
ローゼンメイデン一同はスキーをして遊ぶため雪山に来ていた

JUM「そろそろ帰るか?暗くなったら危ないぞ」

海苔「そうねぇ、何かあったら大変だし」

真紅「なら、帰るのだわ」

雛苺「えー、まだ遊びたいのー」

巴「でも、夜は危険よ」

翠星石「そーですよ、さっさと帰るですぅ」

蒼星石「どうせ明日も滑れるだしね」

金糸雀「カナも帰るのは賛成かしら、もう疲れたかしら」

水銀燈「じゃあ早くペンションに帰りましょう」

悲劇はこの後起こるのであった……




翠星石「サバイバルゲームですぅ」を見てた人いる?
http://newsvipblog.blog57.fc2.com/blog-entry-1180.html
翠星石「サバイバルゲームですぅ」


5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:26:26.51 ID:jpppWk6E0
ペンション、「スプール」
巴の親戚のペンションで貸切状態である
オーナーは買出しに出かけていて明日帰ってくる予定だ

水銀燈「さぁ帰ってきたわよぉ」

金糸雀「はやく、料理を作ってほしいかしら、おなか減ったかしら」

海苔「オーナーが居ないから、私が料理作るからね」

巴「私も手伝います」

JUM「じゃあ僕達は部屋に戻っているから」






 


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:33:17.97 ID:jpppWk6E0
部屋の割り当ては

金糸雀と水銀燈

JUMと真紅

翠星石と蒼星石

雛苺と巴

海苔

である、客が他にいない貸切状態なので部屋を使いまくっている

JUM「さて、真紅?ご飯まで何するんだ」

真紅「くんくんを見るのだわ」

JUM「こんな所に来てまでくんくんかよ」

真紅「くんくん、ペンション連続殺人事件!?」

JUM「なんだか、嫌な感じだな、見るのやめるか?」

真紅「いいえ、見るのだわ」

JUM「言うと思ったよ」

ご飯が出来るまで僕達はくんくんを見ていた




 


10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:39:40.87 ID:jpppWk6E0
海苔「みんなぁ、ご飯できたよぉ」

その声で僕達は、一回のホールまで降りていった

するともう僕達以外のメンバーは揃っていた

翠星石「おそいですぅ、チビ人間!」

JUM「なんだよ、ちょっと遅れただけじゃないか」

蒼星石「さぁみんな揃ったんで食べようよ」

やっぱりご飯は花丸ハンバーグだった

雛苺「ヒナ、大好きなのー、いっぱい食べるのー」

巴「おかわりも用意しているから」

金糸雀「あぁーとってもデリシャスかしら、ヤミーかしら」

水銀燈「おいしぃ、こんなご飯食べたこと無いわぁ」

こうして楽しく夕食を皆で食べたのである




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:46:49.14 ID:jpppWk6E0
食後、僕達は部屋に戻った

真紅「さぁくんくんのDVDをみるのだわ」

JUM「またかよ、せっかくペンションにいるんだぜ」

真紅「なら、ペンションでの遊び方を教えて頂戴」

JUM「もちろん、ピンポンダッシュのノック版だ」

真紅「ガキくさい遊びなのだわ」

JUM「良いから行くぞ」

男のロマンを分かってないな、こいつは……

一旦、部屋から出る

JUM「じゃあとりあえずここから」

一番近くの翠星石と蒼星石の部屋である

真紅「き、緊張するのだわ」

JUM「いくぞ」

コンコン、ノックをならした




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:51:13.64 ID:jpppWk6E0
翠星石「はぁーい、ですぅ」

JUM「いそげ、部屋に戻るぞ」

真紅「わかってるのだわ」

僕達は、部屋に戻った

翠星石「え、誰も居ないですぅ?」

廊下から翠星石の戸惑った声がする、しめしめ

翠星石「く、悪戯ですか」

バタン

翠星石は部屋に戻ったみたいだ

JUM「さて次は、誰にしようか?」

真紅「そ、そうねぇ」

誰にしますか>>15

慎重に決めてください、分岐地点です




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:53:44.24 ID:xLfVhrHrO
かまいたちBGMが脳内再生されるwww




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:54:56.26 ID:jpppWk6E0
人来ないなぁ




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 10:56:24.29 ID:jpppWk6E0
では、海苔にします




 


17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:02:17.98 ID:jpppWk6E0
JUM「いくぞ、馬鹿海苔の部屋に」

真紅「な、なんだか緊張するのだわ」

コンコン

JUM「い、いまだ逃げろ!」

僕と真紅は急いで逃げた

馬鹿海苔の部屋からは僕達の部屋は遠い

JUM「まてよ、出るの遅すぎじゃないか」

真紅「それに返事も無かったのだわ」

JUM「じゃあ一階に居るんじゃないか?」

真紅「その可能性もあるのだわ」

僕達は一階に行くことにした

JUM「やっぱり居ないぞ」

真紅「他の部屋に遊びに行ってる可能性があるのだわ」

JUM「じゃあ部屋を回ってみるか」




 


16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 11:01:29.05 ID:9zSrvt2hO
句読点と場面ごとの細かい描写が欲しい




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:10:32.96 ID:jpppWk6E0
>>16
ごめん、それやってると終わらないんだすまん

翠星石と蒼星石の部屋

翠星石「へぇ?きてないですよ」

蒼星石「僕達、金糸雀と水銀燈の所にトランプしに行ってたけど海苔さんは居なかったよ」

へぇ、お前らトランプなんかやるんだな

僕も大富豪なら、ってそんなこと言ってる場合じゃない

真紅「じゃあ残るは」

JUM「雛苺、柏葉の部屋か」

なんかおかしいと思った

が、気のせいかな?

くんくんを見たからかなぁ、とか考えて僕達は部屋へと向かった




 


23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:18:00.05 ID:jpppWk6E0
柏葉、雛苺の部屋

コンコン、ノックをする

でもさっきみたいに逃げたりはしない

雛苺「お客さんなのー」

ドアの向こうから雛苺の声がする

巴「はぁーい」

ガチャ

巴「あら、JUM君何の用?」

JUM「海苔が着てないか?」

僕は単刀直入に用件を言った

巴「さぁ来ていないわよ?」

柏葉は困惑した表情でこちらを見ている

JUM「わかった、ありがとう」

僕は手短に礼をいって海苔の部屋へと向かった






 


25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:22:44.39 ID:jpppWk6E0
JUM「おい、でろ、馬鹿海苔!!」

ドンドン

ちょっと強めにノックする

……返事はない

真紅「おかしいのだわ」

そんなこと僕だって分かってるよ

ガチャガチャ

ドアには鍵がかかっている

JUM「くっこうなったら」

真紅「こうなったら?」

強行突破だ

真紅「貴方じゃ無理よ、部屋の合い鍵をもらいに行きましょう」

鍵は確か水銀燈が持ってたっけ?




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:31:57.17 ID:jpppWk6E0
水銀燈「あらぁ合い鍵?欲しいのぉ?」

ドガッ

思いっきり水銀燈をぶん殴った、反射って奴だ

水銀燈「いったぁい!何するのぉ」

JUM「うるせぇな、鍵よこせ」

僕は水銀燈から無理やり鍵を奪い取って部屋を出た

真紅「水銀燈を殴って気持ちよかった?」

真紅は満面の笑みで聞いてきた、そんなに面白かったか?

JUM「まぁねスッキリしたよ、それより」

真紅「わかってるのだわ」

真紅は真面目な顔に戻った、僕だって分かってる

胸騒ぎがする、なんだか嫌なことが起きる

そんな気がするってゆうか、進行中だな

JUM「開けるぞ?」

ガチャ、ドアを開けた




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:39:37.82 ID:jpppWk6E0
部屋に入った瞬間絶句した

そこには、何かがあった

理解するのに暫くかかった

何度も殴打して腫れ上がった紫色の肉の塊

真っ赤にそまった部屋

その肉の塊はバラバラに切り刻まれてパーツがなくなっている

頭の部分はその隣の植木鉢に飾られていた

そこにあったのは、紛れも無く

今まで行方不明だった

……桜田のりの変わり果てた姿だった






33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:44:10.94 ID:jpppWk6E0
真紅「こ、これは…」

JUM「う、うげぇ」

気持ち悪い、頭がくらくらする

真紅「と、とりあえず、部屋をでるわよ」

真紅のその言葉を聴くまえに部屋を飛び出していた

ウェェ

僕は思いっきり嘔吐した

うえ、口からハンバーグのにおいがする

気持ち悪い

真紅「ほ、他の人たちを呼んでくるわ」

真紅はその場を立ち去った






 


36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:53:13.93 ID:jpppWk6E0
時間がどれくらいたったか分からない

僕はある程度、落ち着きをとりもどしたのだろうか

ショックで感覚が麻痺してるのか涙が出てこない

そのかわり他の感情があふれてくる

…復讐してやる

誰が姉ちゃんを殺した、誰だ

その時ふと、聞き覚えのある声がした

真紅「JUM、ショックだろうけど着て頂戴、会議だわ」

真紅も落ち込んでいるのだろうか?

声色がいつもより低い気がする

10分ぐらいたっただろうか

真紅がみんなを呼んで一階のロビーに集まった

緊急会議が始まった




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 11:59:23.39 ID:jpppWk6E0
話は聞いているのか、みんなテンションが低かった

翠星石「ほ、ほんとなんですかぁ」

真紅「本当よ、私とJUMが見たのだわ」

蒼星石「見間違いってことも」

真紅「間違いないわ、あれは人の死体よ」

金糸雀「でも、海苔さんかどうかは……」

真紅「……顔が転がってたわ」

雛苺「ヒィ、怖いの!怖いの!」

水銀燈「でも誰が殺ったの?」

こいつだけ、普段のテンションだ

真紅「わからないわ」

真紅「ただ、一つだけいえるのは、犯人はこの中に居るわよ!」

全員が口をあけている、間抜けな光景だった




 


39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:06:20.70 ID:jpppWk6E0
金糸雀「な、なんでそんなことがいえるかしら?」

こわばった声での質問だ

真紅「見てのとおり、外は猛吹雪よ」

気づかなかった、外が吹雪いていることに

翠星石「でも、あらかじめこの中に潜入していたとか?」

真紅「その可能性はあるけど、低いのだわ」

蒼星石「何故?」

真紅「だって殺す動機がないもの」

そりゃそうだ、その時

雛苺「くそがぁ!こんな殺人鬼と一緒にいてられるかぁ!
俺は先に帰らしてもらうぜ!!」

突然、雛苺が大声をあげた

なんだ、その死亡フラグは?








 


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:12:45.08 ID:jpppWk6E0
巴「駄目よ、外は大吹雪よ、出たら死んじゃう」

雛苺「だったら、殺人鬼に殺されるまで待ってるのかぁ!?」

蒼星石「落ち着いて、皆でいれば大丈夫だよ」

雛苺「うるせぇ!お前らが殺人鬼かもしれねぇだろうが!!」

真紅「じゃあ貴方は先に帰ったら?」

翠星石「な、なんて事いってやがるですぅ!」

真紅「いいの、さぁどうぞ出て行けば?」

雛苺「ヒャッハー!あばよ能無しども!殺されるのを待ってろよ」

こう暴言を言い残し、雛苺は下山道具を持って出て行った……

ところで、なんであんなにキャラ壊れてたんだ?






 


44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:22:08.10 ID:jpppWk6E0
真紅「では、私達で対策を練るわよ」

雛苺の事はスルーか

水銀燈「オーナーが帰ってくるまで部屋に居ましょうよぉ」

水銀燈が真っ先に意見をのべた

金糸雀「それはいいアイディアかしら」

翠星石「でも、皆で居るほうが安全ですぅ」

蒼星石「いや、皆で居たら皆殺しにされるかもしれない」

巴「何故?」

蒼星石「相手には策があるかもしれない、たとえば突然電気が消えたりすれば」

翠星石「ぜ、全滅ですぅ」

水銀燈「じゃあ決まりよ、部屋にこもるのよぉ」

金糸雀「でも、パートナーが殺人鬼かもしれないかしら」

水銀燈「私を疑ってるのぉ?」

金糸雀「そ、そんなことないかしら!」






45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:27:52.92 ID:jpppWk6E0
真紅「なら、一人で部屋にいるのだわ、あいにく部屋はたくさん余ってるのだわ」

翠星石「で、でも一人は怖いですぅ」

水銀燈「なら、怖いと思う人どうしが一緒にいたらいいわぁ」

真紅「なら、ペアを作り直すのだわ、一人でいるのもOKだわ」

ペア作りが始まった、結果

JUM、金糸雀、真紅が一人

水銀燈と巴ペア、翠星石と蒼星石ペアに分かれた

って水銀燈も怖いのかよ

真紅「じゃあおやすみ、無事を祈るのだわ」

12時、皆解散して部屋に戻った




 


49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:34:53.45 ID:jpppWk6E0
部屋

さて、このあとどうする?

1、犯人さがし
2、このまま寝る
3、下山

>>50まで多数決






50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:34:58.11 ID:QEDOPrKAO
>>45
あいにく…?
>>46
実際はそっちのがある程度は安全。
ただし、集まってた方がより安全。
それが不安なら二つのグループを作ってそれぞれ立てこもる。




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:35:32.56 ID:jpppWk6E0
すまん>>60まで




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:36:49.03 ID:LbM4fCVXO
今日は落とさないでください




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 12:37:04.37 ID:nYRFOZc90
>>49
JUN視点でいいのか?だとしたら1で




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:37:16.19 ID:QEDOPrKAO
>>48
ぬぅ…仕方ないな…
つまり雛苺がおかしくなり始めたあの頃があるだろ?
で、その時に、ん?
誰か来たみたいだ。
ちょっと待っててくれ。




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:37:26.92 ID:QL4IBZfSO
オナニー




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:38:47.97 ID:QEDOPrKAO
2はかまいたちにおけるバッドのフラグだった気がするな…
1だな。




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 12:38:56.94 ID:w/XDK1zR0
スリープ




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 12:39:40.40 ID:yjw2LkzP0
( ^ิ౪^ิ)うふふ




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 12:40:16.38 ID:9zSrvt2hO
1




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:44:35.00 ID:nYRFOZc90
穴埋め&支援age




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:45:52.07 ID:jpppWk6E0
1、犯人探し

僕は、部屋にあった武器になりそうな鉄パイプをもって部屋を出た

人の気配の無い(当たり前だが)をこっそりしのび足で歩いていた

ちょうど階段の前まで来た、どうしよう?二階を調べようか、一階かなぁ?

考えていたとき、

カタ

足音のような音が聞こえた

カタ

やっぱり、階段を上ってきているみたいだ

心臓の鼓動が高鳴る

ど、どうする?

1、犯人だ殺れ!
2、誰だろ?話しかけてみよう
3、怖い!逃げよう
4、助けをよぶ

安価>>65




62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:47:48.25 ID:QEDOPrKAO
1はバッドエンドだな。

よし、ここは敢えて1だ!




63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:47:52.65 ID:jpppWk6E0
人がいないから
↓で




64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:48:25.49 ID:yX21dwat0
じゃあ

1!




 


68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 12:55:10.42 ID:jpppWk6E0
「うをぉぉらぁあああ!!」

僕は大声で叫びながら、鉄パイプを振り回した!

カコーン、犯人に命中!

金属音と共に手がジンジン痺れた

手が震える

しかし、奴を犯人を殺す!

ひたすら倒れた犯人を蹴る、蹴る、蹴る!

「おあらぁぁぁ!!」

無我夢中で犯人を蹴り続ける!

姉ちゃんの仇だ!

手もしびれも取れ始めたのでひたすら鉄パイプで殴り続ける

段々殴る音が鈍くなっていく

ここで、犯人がどうなってるか見たくなった

恐る恐る犯人の顔を見たら、

……金糸雀だった




 


72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:00:19.63 ID:jpppWk6E0
金糸雀は確実に死んでいた

ひ、人?を殺めちゃった!

ど、どうしよ、……?

1、こいつは犯人だったんだ!皆に報告する
2、こうなったら、血祭るじゃあぁ!!わっしょい!!
3、ひぃ、下山しようぜ、下山
4、犯人じゃないかも、この死体を隠しておこう

>>80まで多数決




73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:01:13.66 ID:eEsXPqDyO





74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:02:47.07 ID:QEDOPrKAO
2だ2wwwww




75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:03:08.11 ID:hzTk6YcBO
スレタイの場面までいったらバッドエンドしかなくなっちゃうのか……




76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:04:08.07 ID:voU7jUUx0
カナリアカワイソス・・・




77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:04:41.84 ID:jpppWk6E0
>>75
そのとおり、今なら軌道修正できるかも




78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:05:25.96 ID:QEDOPrKAO
>>75
お前も知ってるのか。


問答無用で2をプッシュ!




79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:05:43.60 ID:nbJb7Ejv0
4




80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:05:54.41 ID:jpppWk6E0
はい、2ですね




 


83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:16:36.92 ID:jpppWk6E0
「こうなりゃ皆殺しだぁ!!」

僕は急いで真紅の部屋に向かった

ドンドン

「大変だ!真紅!金糸雀が」

真紅「金糸雀が、待ってていま開けるから」

馬鹿なやつめ

ドアが開いた

真紅「金糸雀は、どうなったの?まさk」

カコーン

僕は鉄パイプで真紅の頭を叩き割った

真紅「え、……なん…で……?」

真紅がなんでか呻いているが気にしない、気にしない

日ごろの恨みだぁ!オラッ!

何度も何度も殴る、殴る!!

真紅は本当の意味でのジャンクになっていた





84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:17:39.63 ID:jpppWk6E0

さて、どうする?
1、もっと、ころすぞオラァ!!サバト続行
2、下山しようぜ
3、何事も無かったかのように寝る 
4、犯人探し
5、梅岡を呼ぶ

最終警告です 
安価>>90まで多数決




85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:18:20.45 ID:E1DOVARu0
1





86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 13:18:45.18 ID:5ckKH4kq0





87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:19:00.00 ID:QEDOPrKAO
キテるぜこれぁ…!www
JUM虐殺エンド&真犯人にぶっころエンドだな!




88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:19:28.23 ID:nbJb7Ejv0
3




89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:19:39.38 ID:44qhLhCf0
1




90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:19:41.21 ID:QEDOPrKAO
梅岡www
5をプッシュ!




91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:19:55.98 ID:i/xNEa5uO
いち




92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:20:40.43 ID:jpppWk6E0
分かれちゃったから
>>100まで多数決
今までのは、ノーカンで




93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:21:05.62 ID:E1DOVARu0
1





94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:21:41.07 ID:QEDOPrKAO
梅岡!www
5で行くぜ!www




95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 13:21:43.26 ID:w/XDK1zR0





96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:21:44.42 ID:i/xNEa5uO
普通に安価でいいじゃん…




97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:21:55.34 ID:F50lK8Vw0
1




98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:23:19.59 ID:E1DOVARu0
梅岡呼んだらどうなるの?
教えて、プレイヤー。




99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 13:23:27.66 ID:B6k8H/Hk0
1




100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:25:39.44 ID:jpppWk6E0
じゃあ1で決定!熱烈コールで梅岡も登場




 


102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:30:27.68 ID:jpppWk6E0
もう殺す、殺す、殺す!

俺は、殺し屋だ!

その時

ピンポーン!

チャイムが鳴った

誰だ?

「梅岡でーす!JUM君は居ますか?」

う、梅岡!?なんでアイツが?

とりあえず玄関までいく

ガチャ、扉を開ける

「あ、JUM君、学校に来てくれないか、皆待ってるんだよ」

思いっきり鉄パイプで頭をぶん殴ってやった






 


106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:34:21.54 ID:jpppWk6E0
「い、痛い、なんでJUMくん?」

うるせぇな、黙ってろ

力の限り殴る、殴る!

すると突然梅岡はぐったりした、死んだか?

しかし玄関でこんな死体が転がってても困る

僕は、外に投げ捨てようと思ったその時

「ひ、雛苺!?」

外には、雛苺の首が転がっていた……




 


108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:38:20.90 ID:jpppWk6E0
猛吹雪の中、雛苺の首が外には、置いてあった

何故だ、殺人鬼にやられたのか

畜生、俺が殺したかったのに……

さ、寒い、僕は急いで梅岡を捨てて玄関を閉めた

しかし、なんで梅岡がここを知ってたんだろう?

まぁいいか、そんなこと

僕は、翠星石と蒼星石の部屋に向かった




 


113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:44:34.08 ID:jpppWk6E0
翠星石の部屋の前までしのび足で向かっていると

突然、誰かがこっちに向かってきた

「あ、チビ人間!実は、蒼星石が…」

僕は思いっきり翠星石を鉄パイプでぶん殴った

すると、翠星石の首は一発でぶっ飛んで階段の下に転がっていった

おかしい、もろすぎる

なんだか非常に退屈な殺しだった

僕は、残りの蒼星石を殺そうと部屋に入った瞬間

「あれ……?」

なんと蒼星石の姿は何処にもなかった




 


116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:54:59.78 ID:jpppWk6E0
僕は、蒼星石の居ない部屋を離れ、

最後の水銀燈と巴ペアの部屋へと向かった
ドンドン
「大変だ、他の皆が……」

僕は、ひたすらノックした。

「なぁによ、あんたが犯人かもしれないのに」

水銀燈の声だ、まだ殴ったことを怒ってんのか?

「皆が、皆が、あけてくれ!」

僕は必死そうな声色を作った、完璧だ

「うるさいわぁ、あの子と同じ事言っちゃって」

カチン、ついにキレちゃった

「うるせぇなぁボケ!ぶっ殺してやるぅぞ!!」

僕は、ドアを鉄パイプでひたすら殴る!殴る!

ドアがドンドン凹んでいく、あとちょっとだ

水銀燈や巴の声がする、パニくってるようだ






117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:03:53.19 ID:jpppWk6E0
ついに扉がぶっ壊れた

あけた瞬間、巴が飛び出してきた、巴の手には棒のようなものが握られている

ドン

僕の喉めがけて棒を突いてきた

「がっがぁぁぁっぁぁぁぁ!!」

喉が潰れた、痛い、痛いってレベルじゃない

「ぐ、ぐぞがぁぁぁ」

僕は鉄パイプを振舞わそうとしたが、手を水銀燈に押さえられていた

「ふぅん、びっくりした、アンタが殺人鬼だったとはね」

水銀燈が勝ち誇ったような目でこちらを見ている

「ほんとに、JUM君なの?殺人鬼はJUM君なの?」

巴は信じられないという戸惑った表情だ

僕は、1、そうだ、ぼくがキラだ
   2、違う僕じゃないんだ!信じてくれ!
   3、巴、結婚してくれ!
>>120結構重要かもね!





 


120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:04:42.34 ID:wUYhg1Xb0
3




 


123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:09:51.53 ID:jpppWk6E0
「巴、結婚してくれ!」

突然のプロポーズにびっくりしたか、ポカンとしている

「あんたバカァ?」

水銀燈が僕に向かってなにか言ってるが僕の耳には入ってこない

「頼む、好きだ!巴!結婚してくれ」

もう一度プロポーズ

「うん……いいよ」

巴は小声で顔を真っ赤にしてうなずいた

「やったぁぁぁぁ」

僕達は熱烈なキスをした

さてこの後>>125
1、巴と水銀燈を殺す
2、このまま、ねる
3、犯人探しをする




 


125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:10:43.85 ID:E1DOVARu0
2




 


128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:13:19.20 ID:JaiiJr8A0
喉が潰れたんじゃなかったのか?




129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:14:10.65 ID:jpppWk6E0
すまん、落ちあとよろ




 


131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:14:48.57 ID:jpppWk6E0
保守して、月曜まで




132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:15:03.50 ID:E1DOVARu0
>>131
ねーよwww




135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:45:05.14 ID:w/XDK1zR0
月曜までとか鬼畜すぎんだろ




137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:20:15.07 ID:voU7jUUx0
月曜までとか鬼畜過ぎワロタwwwwww




保守


スポンサーサイト




banner_01.gif

[ 2008/12/21 09:51 ] ローゼンメイデン | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク