FC2ブログ
ジャンヌ速報 ジュン「蒼星石のチンチンも人間に似せて作ってるんだろ?」

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

ジュン「蒼星石のチンチンも人間に似せて作ってるんだろ?」 

ジュン「蒼星石のチンチンも人間に似せて作ってるんだろ?」


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:18:24.90 ID:jDE63zveO
蒼星石「僕にチンチンなんて付いてないよ!」

ジュン「そうなのか?男の子ならついてると思ったのにな」

蒼星石「僕は女だよ」

ジュン「そうかぁ?翠星石は女の子に見えるけど蒼星石は男の子に見えるぞ」

蒼星石「僕も女の子だって、翠星石とは双子の姉妹なんだよ」

ジュン「う~ん、そう言われてもチンチンが付いてそうだからなぁ」

蒼星石「そこまで言うのならチンチンが付いてるかどうか見せてあげるよ!」

ジュン「ニヤリ」





ジュン「蒼星石のチンチンも人間に似せて作ってるんだろ?」


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:24:31.37 ID:jDE63zveO
蒼星石「恥ずかしいけど…ほら見てよ」

ジュン「…」

蒼星石「ついて…無いでしょ?」

ジュン「付いてる」

蒼星石「そんな嘘言わないでよ」

ジュン「本当に付いてるんだって」

蒼星石「もぅジュンくんったら僕のアソコをずっと見たいもんだからそんな嘘ついて…」

ジュン「嘘じゃないよ蒼星石も自分で確かめてみろよ」

蒼星石「そんな事あるわけな…嘘っチンチンが付いてる!」




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:28:05.71 ID:jDE63zveO
ジュン「本当に蒼星石は男の子だったんだな…」

蒼星石「違うよ!僕は女の子だよ!」

ジュン「でもチンチンが付いてるだろ」

蒼星石「付いてるけど…いつもは付いてないんだよ!」

ジュン「じゃあこれは何だよ!」

蒼星石「あっ…触らないでよ…なんか…」

ジュン「蒼星石にチンチンは付いてないんだろ?じゃかこれは何なんだよ!」

蒼星石「わから…ない…よ…あっ…そんな…」

ジュン「ちゃんと勃起もするじゃないか、これはどう見てもチンチンだろ」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:32:48.36 ID:jDE63zveO
蒼星石「チンチンってこんなに大きくなるんだ」

ジュン「いま自分でチンチンだと認めただろ」

蒼星石「ちっ違うよ!これは…あれだよ…女の子にもチンチンらしき物が生える時期があるんだよ」

ジュン「そんなわけあるか!」

蒼星石「ジュンくんだって女の子のアソコはを直接見たこと無いんでしょ?」

ジュン「…小学生の時、姉ちゃんのをちょっと…」

蒼星石「小学生のアソコと大人のアソコは違うんだよ」

ジュン「蒼星石のアソコは大人のアソコとでも言うのかよ!」

蒼星石「そういうわけじゃ…」

ジュン「どう見ても小学生の男の子のアソコだろ!」

蒼星石「ああっ…だから先っぽを触らないで…」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:35:35.60 ID:jDE63zveO
蒼星石「どうしてジュンくんはチンチンだと決めつけるんだよ!」

ジュン「だってどう見てもチンチンだろ、タマタマもあるし」

蒼星石「タマタマはたまたまあるんだよ、チンチンは大人の女のアソコなんだよ」

ジュン「だから小学生の時の僕のチンチンにそっくりなんだよ!」

蒼星石「痛っ…タマタマをコリコリしないでよ!」

ジュン「綺麗なタマタマだから触りたくなるんだよ!」




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:37:20.15 ID:jDE63zveO
蒼星石「ズボン穿かせてよ…」

ジュン「わかったよ」

蒼星石「もぅジュンくんチンチンを触らないでよ」

ジュン「今自分でチンチンって言っただろ!」

蒼星




 


26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:38:55.06 ID:jDE63zveO
蒼星石「ズボン穿かせてよ…」

ジュン「わかったよ」

蒼星石「もぅジュンくんチンチンを触らないでよ」

ジュン「今自分でチンチンって言っただろ!」

蒼星「言ってないよ!」

ジュン「今チンチンって確かに言ったぞ!」

蒼星石「それは聞き間違いだよ…ほらチンチンって感じでジュンくんがタマタマを握ってたでしょ?」

ジュン「誤魔化すなよ!」

蒼星石「あっ…ズボンの上からっ…揉まないでよっ!」




 


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:43:59.99 ID:jDE63zveO
蒼星石「どうしてもチンチンに見えるならジュンくんのチンチンと見比べてみようよ」

ジュン「何でだよ」

蒼星石「チンチンに似た形をジュンくんがチンチンだと勘違いしてるかどうかはっきりするでしょ?」

ジュン「…それもそうだな」

蒼星石「ほらチンチン出してよ」

ジュン「う~ん」

蒼星石「ほら早く!」

ジュン「蒼星石、お前股関が膨らんでるぞ」

蒼星石「え!…本当だ」

ジュン「僕のチンチン見れると思って興奮したのか?」

蒼星石「違うよ!これは…オシッコがしたいだけなんだよ!」

ジュン「それは僕が小学生の時に姉ちゃんに言ったセリフと同じだな」




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 13:52:26.52 ID:jDE63zveO
蒼星石「早く見せてよ」

ジュン「見比べるんだろ?」

蒼星石「そうだけど…先にジュンくんが見せてよ」

ジュン「蒼星石から見せろよ」

蒼星石「だって恥ずかしいし…」

ジュン「今更恥ずかしがるなよ」

蒼星石「ジュンくんまたコリコリするし」

ジュン「しないから早くだせよ」

蒼星石「本当に?」

ジュン「本当だ」

蒼星石「そう…なら…はい」

ジュン「…」

コリコリ

蒼星石「ああっ!コリコリしないって言ったのにっ~!」




 


38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 14:08:13.59 ID:jDE63zveO
蒼星石「ハァハァ…」

ジュン「…」

蒼星石「もう…止めて…よ」

ジュン「わかった止める」

蒼星石「え?「

ジュン「止めて欲しいんだろ?」

蒼星石「…う…うん」

ジュン「だから止める」

蒼星石「…」

ジュン「ズボン穿けよ」

蒼星石「うん…」
ジュン「さて勉強でもするか」
蒼星石「僕のチンチンの事はもういいの?」
ジュン「ん~」
蒼星石「机に座らないでよ!」
ジュン「いや勉強するから」
蒼星石「えっ…ほらチンチンだよ?僕ねチンチン触ったりしないの?」
翠星石(蒼星石の頭がおかしくなったです…)




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 14:28:12.67 ID:jDE63zveO
翠星石「蒼星石がチビ人間にチンチンを触れと泣きついてたです」

真紅「蒼星石がねぇ…」

翠星石「蒼星石がキチガイになったですぅ!」

真紅「ただジュンにチンチンを触って貰いたかっただけじゃない?」

翠星石「蒼星石にチンチンなんて無いです!」

真紅「えっ蒼星石にチンチンは生えて無いの?」

翠星石「当たり前です!蒼星石と翠星石は双子の姉妹ですよ!」

真紅「そうなの…てっきり私は蒼星石が男の子だとばかり…」




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:14:09.99 ID:jDE63zveO
真紅「じゃあ蒼星石はクリトリスをチンチンといってるのではなくて?」

翠星石「クリトリスとか言うなです!」

真紅「今更じゃない、何顔を真っ赤にしているの?」

翠星石「うっうるさいです!」

真紅「とにかく蒼星石がジュンにエッチな事を要求しているだけの事だわ」

翠星石「そうですね…」

真紅「…」

翠星石「…」

真紅「いけないわ!蒼星石を止めに行くわよ!」




 


57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:20:28.91 ID:jDE63zveO
蒼星石「僕のチンチン不思議じゃない?ねぇまた触りたくない?」

ジュン「ん~」

蒼星石「こっちを見てよ、ほらチンチン見せちゃうよ」

真紅「…」

翠星石「…」

真紅「重症ね」

翠星石「まだキチガイになったとは限らねーです」

真紅「さっきあなたがキチガイになったと言ったじゃない」

翠星石「うるさいです!」

ジュン「ん~?誰かいるのか?」

真紅「…ニャーン」

ジュン「なんだ真紅か…」

翠星石「大人しくでていくです…」

真紅「…」

翠星石(真紅凄く恥ずかしそうです。さっきの猫の鳴きマネが本気で通用すると思ってたですね)




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:25:15.51 ID:jDE63zveO
蒼星石「翠星石、真紅…盗み聞きするなんて酷いよ!」

真紅「酷いのはあなたよ、ジュンにエッチな事をしてもらうつもりだったでしゅう?」

蒼星石「違うよ…ただジュンくんにチンチンを触ってもらうのが気持ちいいだけなんだよ」

翠星石「蒼星石キチガイは止めるです!蒼星石にチンチンなんか無いですよ!」

ジュン「あるよ」

翠星石「嘘つくです!」

蒼星石「翠星石あるんだよ」

翠星石「…本当ですか?」

真紅「蒼星石脱ぎなさい」




 


60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:29:20.95 ID:jDE63zveO
蒼星石「嫌だよ…」

真紅「チンチンを出さないとジュンにも触って貰えないのよ?」

蒼星石「…」

真紅「どうしたの?」

蒼星石「わかった脱ぐよ」

ジュン「…」

真紅「ジュンも椅子に座ってないでこっちに来なさい」

ジュン「いやいいよ」

真紅「わかってるのよ、ジュンのチンチンが今こんにちは状態だと言う事を」

ジュン「…」

真紅「蒼星石のチンチンを見てたらこんにちはしたのね」

蒼星石%a




 


62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:35:07.30 ID:jDE63zveO
ジュン「確かに蒼星石のチンチンを触ってたら自分のチンチンがこんにちはしたんだ」

蒼星石「ジュンくん…」

真紅「だから椅子に座ってチンチンがさようなら状態になるのを待ってたのね?」

ジュン「…うん」

蒼星石「気にする事ないよ、僕なんて今の話だけでこんにちはしちゃったよ」

翠星石「蒼星石のチンチンがこんにちはしてるです!」

真紅「本当に蒼星石にチンチンが生えてたのね」

ジュン「蒼星石のこんにちは見てたら僕のこんにちはも収まらないよ…」

蒼星石「ジュンくんトイレに行こう」

ジュン「わかった」

バタン

翠星石「…」

真紅「…」

翠星石「こんにちはした状態で二人はトイレで何をするんですか?」

真紅「それは触りっこしたり口に…はっ!いけないわ!」





 


65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 15:47:22.13 ID:jDE63zveO
真紅「ジュン開けなさい!」

ジュン「やだよ」

翠星石「蒼星石開けるです!」

蒼星石「嫌だよ」

真紅「困ったわ…ジュンの蒼星石のチンチンが心配だわ…」

蒼星石「これは何?」

ジュン「これはカウパーだよ」

翠星石「カウパーって何ですか?」

蒼星石「これじゃどっちのカウパーかわからないね」

真紅「まさか二人でチンチンとチンチンのチャンバラをしてるの?」

翠星石「え?チャンバラ?」

真紅「やるなとは言わないから見せて頂戴!」

ジュン「ちょっと静かにしてよ今良いところなんだから」
蒼星石「ジュンくん気にしないでもっとチンチンに集中してよ」
ジュン「そうだな」
真紅「畜生…」
翠星石「真紅が今まで見たことも無い顔で下品な言葉を言ってるです…」




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:13:45.65 ID:jDE63zveO
真紅「仕方ないわね」

翠星石「諦めるですか?」

真紅「二人が出てくるまでここで待つ事にしましょう」

翠星石「わかったです」

真紅「…」

翠星石「…」

真紅「ハァハァ言ってるわね」

翠星石「蒼星石ですか?」

真紅「…二人とも言ってるわ」

翠星石「チビ人間のハアハアには聞こえないです」

真紅「ジュンはハアハア言う時は女の子みたいなハァハァなのよ」

翠星石「あっ…確かに二人分のハァハァです」

真紅「でしょう?」




72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:17:03.15 ID:jDE63zveO
のり「ただいまー」

真紅「のりが帰って来たみたいね」

のり「あれ!二人ともどうしたの?」

真紅「ジュンがトイレから出てくるのを待ってるのよ」

のり「ジュンくんが?トイレの前で待たなくてもいいんじゃない?」

真紅「トイレから出てくる所を捕まえたいのよ」

のり「ふぅ~ん…ならお茶を淹れてくるわね」

翠星石「翠星石のは砂糖を二個にして欲しいです」




 


75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:28:32.22 ID:jDE63zveO
のり「これ美味しいでしょ?」

翠星石「美味しいシュークリームです」

真紅「紅茶と合うわね」

のり「廊下に座ってお茶を飲むのも初めてね、しかもトイレの前で」

真紅「まだハァハァ言ってるわね」

のり「え?」

翠星石「こっこっちの話です」

のり「そう…」

巴「こんにちは」

雛苺「ただいまなの~」

真紅「あら、雛苺達も来たわね」




 


79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:32:11.50 ID:jDE63zveO
巴「いただきます」

のり「ごめんなさいね、真紅ちゃん達がトイレの前が良いって言うものだから」

雛苺「ジュンは?」

真紅「ジュンがトイレの中にいるのよ」

巴「桜田くんが?」

雛苺「うんち?」

真紅「チンチンの方よ」

巴「…」

のり「ほっほらシュークリームあるわよ」

翠星石「ハァハァが止まったです」

真紅「終わったのかしら?」




80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:35:38.99 ID:jDE63zveO
のり「長いオシッコねぇ」

真紅「オシッコじゃないわ」

のり「さっき真紅ちゃんがチンチンの方って」

翠星石「チンチンからカウパーってのがでてるはずです」

巴「カウパー?」

のり「…あっ、そろそろ夕食の準備をしなきゃ!」

翠星石「カウパーって何ですか?」

巴「さぁ…」

雛苺「カウパー…のり知ってる?」

のり「きっ今日ははなまるハンバーグにしようかしらっ…」





86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 16:59:01.58 ID:jDE63zveO
真紅「そろそろ出てきても良いんじゃないの?」

翠星石「とっくにハァハァが終わってるのはわかってるですよ!」

巴「ほら、辛いもの食べた翌日とかなかなか出ない時があるから」

真紅「だからチンチンの方よ!」

翠星石「うんちじゃないですよ」

巴「カウパーの事?」

翠星石「カウパーはもう終わってるです」

真紅「カウパーではなくて別のものも出てるはずだわ」

巴「?」

真紅「ジュンは私達がいるからでられないのよ」

巴「わかってるなら出た方が良くない?」

真紅「だんだんとジュンと蒼星石がでられないでいるのが面白くなってきたのよ」

翠星石「真紅…」

雛苺「蒼星石も来てるの?」

真紅「来てるわよ、下は着てないでしょうけどね」




 


88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 17:04:13.56 ID:ig0DyafdO
蒼星児




89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 17:05:45.10 ID:jDE63zveO
雛苺「ガタガタいってるよ」

真紅「慌てて蒼星石が服を着てるのよ」

巴「まさか桜田くんは中で…」

雛苺「中で何なの?」

巴「何でもないのよ…私帰ります」

真紅「逃げるの?」

巴「そういうわけじゃ…」

真紅「私は逃げないわよ。蒼星石のおこぼれでもいいからなんとかジュンのアレをナニしたいのよ」

翠星石「おこぼれって考えてる時点で逃げてるです…」

巴「…でも」

真紅「あなたが帰ったあと、みんなにジュンのアレをナニするチャンスが来るかもしれないわね」

巴「わかったわ…私も、私も桜田くんのアレをナニする!」

真紅「そうこなくっちゃ」

雛苺「?」




90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 17:06:18.55 ID:jDE63zveO
>>88
オチを言われた…




 


92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 17:06:59.15 ID:0msy3ar/O
ガチャッ!はぁはぁはぁ…


あ…ありのままトイレで起こった事を話すぜ!

俺は蒼星石のチンチンとチャンバラしていたと思ったら、
いつの間にかマンコと仲良くディープキスしていたんだ

な…何を言ってるのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと気持ち良いもの片鱗を味わったぜ…うっ!




98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 17:18:42.70 ID:jDE63zveO
仕事終わったから帰るわ




99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 17:29:04.93 ID:+P0AzNv7O
続きはまだか………!




113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 19:15:48.89 ID:jDE63zveO
ジュン「出られないな…」

蒼星石「真紅がなんかあそこから動く気が全く無いみたいだね」

ジュン「寒いな」

蒼星石「下半身裸だしね」

ジュン「くっついてた方が暖かいぞ」

蒼星石「くっついてたらまたこんにちはしちゃうよ…」

ジュン「くっつく前からこんにちはしてるじゃないか…」

蒼星石「もうさようならしたく無いみたい」




 


116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 19:30:02.97 ID:jDE63zveO
真紅「またハアハア言ってるのだわ」

翠星石「いい加減に止めるです!」

雛苺「ハアハア?」

巴「桜田くん…」

真紅「ハアハアが時々止まるわね」

翠星石「確かに…」

巴「まさかキスしてるんじゃ…」

真紅「蒼星石いい加減にしなさい!」

翠星石「うわああああん」

雛苺「ハアハア?」

巴「桜田くんがキス…」

のり「みんなはなまるハンバーグできたわよ!」




 


119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 19:34:49.82 ID:jDE63zveO
真紅「ここで食べるわ」

翠星石「うわああああん」

雛苺「はなまるハンバーグだぁ」

巴「桜田くんと蒼星石が…」

のり「ジュンくんも早く出てきて食べなさい」

真紅「こうなったらジュンの分も食べましょう」

翠星石「うわああああ…モグモグ…ああああん」

雛苺「巴食べよう?」

巴「そうね…」

真紅「ジュンの分の食べて餓死させてやるのよ!」




120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 19:40:48.47 ID:jDE63zveO
金糸雀「ローゼンメイデン1の策士のカナリアが真紅達の情報を集めて弱点を探すのかしら」

金糸雀「とりあえずまた家に侵入する所から始めるわ」

金糸雀「例によってトイレの窓から侵入するかしら」

ガラッ

蒼星石「んぐっんぐっ」

ジュン「ハァハァ」

金糸雀「…」





 


122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 19:49:12.31 ID:jDE63zveO
パソコンに変える




123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 19:52:44.57 ID:4dogkL//0
おk




124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 19:55:55.19 ID:vK/W74mt0
金糸雀(蒼星石が何か食べてるのかしら・・・)

蒼星石「んぐっんぐっ・・・ジュンくん金糸雀が窓にいるよ!」

ジュン「え?」

金糸雀「見つかったのかしら!」

蒼星石「ジュン君引きずり降ろして」

ジュン「わかった!」

金糸雀「ギャーーーーー!」

ジュン「おいこら降りて来い!」

金糸雀「犯されるのかしら!」

蒼星石「素直に降りてこないと酷い目にあわせるよ!」

ジュン「降りろ!」

金糸雀「引っ張らないで欲しいのかしら!!服が破けるのかしら!」






 


126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:00:12.00 ID:vK/W74mt0
蒼星石「この事誰にも言っちゃだめだからね!」

金糸雀「わかったのかしら・・・」

ジュン「まったく困った奴だな」

金糸雀「下半身丸出しの二人に言われたくないのかしら・・・」

蒼星石「ここはトイレだよ、下半身裸なのは当たり前だよ」

金糸雀「それはそうだけど・・・・ん!やっぱり蒼星石は男の子だったのかしら」

蒼星石「チンチンの事はいいから」

ジュン「そうだ、こいつを使ってドアの外にいる真紅達を追い出せないか?」

蒼星石「そうだね、金糸雀が外で騒いでくれれば真紅達がドアから離れるかも」

ジュン「そういうわけだ、やってくれないか?」

金糸雀「でも・・・」

蒼星石「ジュンくん、金糸雀にも下半身裸になってもらおうよ」

ジュン「そうだな、ここはトイレだからな」

金糸雀「わかったのかしら!やるのかしら!」

蒼星石「どのみち下半身裸になってもらうよ」




 


129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:03:32.96 ID:vK/W74mt0
金糸雀「騒ぎを起こすにしてもどうすればいいのかしら・・・」

金糸雀「窓を割って真紅達を誘導する方法もあるし、いっそのこと真紅を直接攻撃して逃げてもいいかしら」

金糸雀「・・・ううっ、下半身がスースーするのかしら・・・」




真紅「中でガチャガチャ言ってたから何かあったみたいね」

翠星石「キスより激しい何かですか?」

雛苺「激しい?」

巴「まさか・・・・セッ・・・セッ・・・」

のり「セッティング!」

巴「セッ・・・」

のり「雪駄!」

巴「セッ・・・」

のり「えーっとえーっと」


金糸雀「今がチャンスなのかしら!」




 


132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:05:38.73 ID:vK/W74mt0
ガシャーン!

真紅「何今の音?」

翠星石「ガラスが割れた音です!」

のり「えっ二階?」

雛苺「まさか・・・水銀燈?」

真紅「翠星石行くわよ!」

のり「私たちはどうしましょう・・・」

真紅「物置にでも隠れてて」

巴「わかったわ」

雛苺「わかったの」

真紅「雛苺は一緒に来るのよ!」

雛苺「・・・わかったの」




133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:07:44.29 ID:vK/W74mt0
金糸雀「上手く行ったのかしら!!」

金糸雀「蒼星石早く出てくるのかしら!」

金糸雀「そして早く服を返して欲しいのかしら!」

金糸雀「・・・・・・・・・蒼星石!」

金糸雀「・・・・・・・・・蒼星石?」



ジュン「んぐっんぐっ」

蒼星石「ああっ・・・ジュンくんの舌柔らかいよ・・・柔らかいよぉぉ」


金糸雀「・・・・・」

真紅「誰もいないじゃない」

翠星石「誰かが石を投げたみたいです」

雛苺「イタズラだったの」

金糸雀「・・・・」

真紅「金糸雀・・・」

翠星石「下半身すっぽんぽんで何してるですか?」




134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:10:20.84 ID:vK/W74mt0





135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:11:20.08 ID:+qV/Mo9A0
完・・・だと・・・




136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:12:00.97 ID:mIzNNzPO0
オチを言われた>>1>>134でいじけて完結させちまったですぅ。





137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:13:27.91 ID:0sfYKXQC0
なんと




138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:13:45.57 ID:q5rMJG2hO
そんな…そんな馬鹿な……!!




139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:14:40.29 ID:vK/W74mt0
このまま続けてもいつまでたっても終わらないから区切りのいい所で




140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:15:30.91 ID:EaDzU/TW0
終わりがないのが終わりだと何度言ったらわかってくれるんだ




141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:17:22.15 ID:EaDzU/TW0
スレがおわっただt馬鹿なっ!!




142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:19:17.71 ID:qY+3v+kk0
>いつまでたっても終わらないから
むしろそれを望んでいるとなぜ気付かない




143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:20:40.90 ID:vK/W74mt0
誰もが納得するオチが思いついた




144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:24:06.84 ID:vK/W74mt0
金糸雀「・・・・」

真紅「まさか窓を割ったのは金糸雀?」

金糸雀「なっ何のことなのかしら・・・」

ガチャッ

蒼星石「ごめん金糸雀ちょっと夢中になっちゃって」

翠星石「蒼星石も下半身すっぽんぽんです」

蒼星石「ジュンくんダメだ!まだ真紅達が!」

ジュン「ん?」

真紅「ジュンもすっぽんぽんだわ」

ジュン「戻るぞ!」

翠星石「逃がさねーです!!」

ジュン「あっ!」

翠星石「そこにあった布を丸めてドアの隙間にはさんだです、これでドアは閉まらないです!」

金糸雀「カナの服が・・・」

真紅「雛苺、のり達を呼んできて頂戴。みんなでドアを引っ張るのよ!」




148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 20:26:56.14 ID:vK/W74mt0
巴「よいしょ!みんなもっち力を入れて!」

のり「ジュンくんごめんなさい、みんながどうしてもあけろっていうから」

真紅「相手はジュンと蒼星石だけよ、私たちは五人よ!」

翠星石「うんしょうんしょ!」

雛苺「疲れたの~」

巴「雛苺しゃんとしなさい、桜田くんのチンチンが見れるのよ?」

のり「・・・」

真紅「トイレの芳香剤の香るドアの前で粘ったかいがあったってものよ」

翠星石「金糸雀も手伝うです!」

金糸雀「でも服が・・・」

翠星石「チビ人間が引っ張るとお前の服はつぶれるです、私たちがひっぱればお前の服は回収できるです!」

金糸雀「そうなのかしら・・・手伝うのかしら!」

巴「ほらみんな気合を入れて1」




 


150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:28:43.49 ID:vK/W74mt0
ジュン「なんて力だ・・・」

蒼星石「金糸雀の服のせいで鍵が閉められないし・・・」

ジュン「うっ・・・」

蒼星石「それに僕は体力使い切った感じがするし・・・」

ジュン「ダメだ・・・」

蒼星石「それに出すだけ出したからもういいんじゃないかな?」

ジュン「・・・・・」

蒼星石「開けようよ」

ジュン「・・・開けるか」

蒼星石「手を離すよ」

ジュン「ああ」






151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:30:19.54 ID:vK/W74mt0
真紅「えっ・・・・」

巴「あっ」

のり「え?」

翠星石「ひっ」

雛苺「ほえ?」

金糸雀「何?」

うわああああああああああ

バターン!」

真紅「いたたた・・・急に開いたわ」

巴「・・・桜田くんは?」

のり「メガネが・・・」

翠星石「もうあきた




158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:48:58.98 ID:vK/W74mt0
真紅「ジュン、蒼星石にはもうマンマンは無いのよ?」

ジュン「でも尻の穴があるじゃないか」

蒼星石「ジュンくん・・・」

翠星石「アナルセックスは汚いです!止めるです!」

ジュン「入れるよ」

蒼星石「うん、いつでもいいよ」

真紅「待ちなさい!

ずにゅっ



こうしてアヌスゲームは始まった






159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:49:31.96 ID:0sfYKXQC0
ソードマスター的な




160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:51:36.50 ID:ESkVVxAoO
はよせな




161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:51:46.73 ID:EaDzU/TW0
お前もっと羽ばたけ




162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:51:50.75 ID:kfnYjc95O
いよいよアヌスゲーム編だな




163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 20:53:36.70 ID:+qV/Mo9A0
>>158
乙!

さあアヌスゲーム編を心置きなく書くがいい




164以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 21:03:43.56 ID:Vtpc4zfS0
保守なら任せろ




 


168以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/20(土) 21:59:44.02 ID:0msy3ar/O
蒼星石「おしりの穴がジュンくん形に広がってるよ・・・
     もうここはジュンくん専用のおちんちん穴だよ」




169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 22:10:45.63 ID:2FUCUL7eO
さぁ頑張ろうぜ




 


172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/20(土) 23:42:42.93 ID:mIzNNzPO0
保守ってやるぜ。




173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/21(日) 00:09:13.67 ID:5b08oBsrO
毎日蒼星石のマンコにオチンチン突っ込んでる




174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/12/21(日) 00:10:19.39 ID:O6HmDEiA0
金糸雀のにつっこみたい


スポンサーサイト




banner_01.gif

[ 2008/12/21 09:54 ] ローゼンメイデン | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク