FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ジャンヌ速報 長門「ぜんっ…ぜん酔ってなんかないんれふよー」

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
, このエントリーをはてなブックマークに追加

長門「ぜんっ…ぜん酔ってなんかないんれふよー」 

長門「ぜんっ…ぜん酔ってなんかないんれふよー」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 20:23:46.69 ID:F/dtpYmeO
キョン「いや…絶対酔ってるぞ長門」

長門「この長門さんが酔ってないって言ってるんれふから酔ってるわけないんれふ」

キョン「…呂律が回ってないじゃないか」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

長門「ぜんっ…ぜん酔ってなんかないんれふよー」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 20:29:15.77 ID:F/dtpYmeO
なぜ長門がデロデロに酔っ払っているかというと、
やはりハルヒが原因なわけなんだ。

クリスマスイブと言われている今日。
「クリスマスパーティーをするわよー!」
なんてまた唐突に始めたわけだが…

キョン「お…おい…ハルヒ!
アルコールはまずいだろ、俺達未成年なんだぞ」

ハルヒ「いいじゃない。どうせ皆のんでるわよ」

キョン「あのだな…皆が飲んでるからといって俺達も…」

ハルヒ「あー、うるさいわね!細かいこと気にするんじゃないわよ!」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 20:32:55.28 ID:F/dtpYmeO
ボソッ
古泉「大丈夫です。僕達は僕達でなんとかしますから」

キョン「ん?なんとか?」

ハルヒ「古泉くんは何飲んでるの?」

古泉「あ、はい。ウーロンハイです」

ハルヒ「ふーん、ビールは飲まないの?」

古泉「苦いが苦手なもので」

ハルヒ「それなら仕方ないわね」

ボソッ
古泉「ただのウーロン茶なんですよ、これ」

キョン「なるほど。しかし顔が近いんだが…」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:25:57.99 ID:DtpVDRrE0
おれが続きを書こうじゃあないですか




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/24(水) 21:26:44.20 ID:Cas+mwtY0
いやいや、そこは俺が




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:38:01.34 ID:DtpVDRrE0
ハルヒ「ほら有希!アンタも飲みなさいよ!!」

長門「グビグビ」

キョン「おっ・・おまっ・・・!」

ハルヒ「さっすがぁ!!良い飲みっぷりよ!有希!」

長門「アヒュ・・アヒュ・・・ごきげんだぜ」

俺が書けば長門は穢れる。間違いなく。これでも良いヤツは俺を叩け!
さぁ早く!早くしないと続きを書くぞぉぉおお!!!!




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:39:33.17 ID:DtpVDRrE0
>>17
わかった




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:40:25.89 ID:DtpVDRrE0
>>19
わかったわかった。あせんなって




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/24(水) 21:43:51.03 ID:Cas+mwtY0
長門「ねえ、キョン」

キョン「!?今なんて?」

長門「ねえ、キョン・・・いいこと、したくない?」

キョン「ちょ・・・ちょっと待てよ。みんないるし。」

長門「いいじゃない・・・見せ付けてあげましょうよ。」

ハルヒ「ちょっと有希。くっつきすぎなんじゃないの!」

長門「何よ、このツンデレ女。こっちはずっと彼の事狙ってたのよ。口、出さないでくれる?」

ハルヒ「!?」

みたいなね




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:45:37.43 ID:DtpVDRrE0
キョン「ながっ?!長門ぉ?!」

長門「ヌクヌク・・・ふともも・・・気持ち良い・・・・ヌクヌク」

キョン「(ハァハァ・・・・・何コレ・・・超幸せ・・・)」

ハルヒ「ちょっとキョン!!何デレデレしてんのよ?!有希もしっかりしなさいよ!!」

長門「いやだ」

みくる「(こっ・・断ったぁーっ!!)」

長門「私はコレが好き。コレ(キョン)のコレ(ふともも付近)が好き。」

ハルヒ「?!」





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:46:47.22 ID:DtpVDRrE0
>>21
照れてないでお前、書けよ!(ニコッ




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/24(水) 21:54:00.85 ID:Cas+mwtY0
ルイズ「なっ、なっ、なっ、何言ってんのよ!!サイトは私の使い魔なのよ!!」

タバサ「ルイズはあなたを犬と呼んでいる。私は彼を人間として扱う。どっちがいい?」

サイト「へっ?えーと、そのー。」

ルイズ「何迷ってんのよ、サイト!」

タバサ「それより早く、私とい・い・こ・と、しよ?」

サイト「い、いいことおおお!?」

ルイズ「タバサー!!」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:55:39.63 ID:DtpVDRrE0
みくる「(ここ、これは面白くなってきましゅた・・長門しゃんが反旗を翻しましゅたよ・・!)」

ハルヒ「有希?!アンタまさかもう酔ったの?」

長門「ぜんっ・・・ぜん酔ってなんかないんれふよー」

古泉「ろろろろ呂律が回ってないじゃないですか?!・・・・で、いつまでキョン君の膝枕をしているおつもりですか?」ギリ

ハルヒ「あら?古泉君ったらヤキモチかしらぁ?男のヤキモチなんて・・反吐が出るわね!」カァッペッ!

古泉「ほぉ・・・涼宮さん・・・・ここいらでハッキリしときましょうか・・?」

ハルヒ「いいでしょう。かかってきなさい」

朝比奈「あああのあのあの・・・」

古泉「なんだ牛」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 21:59:38.92 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「私のために・・・喧嘩しないでくだしゃ~いい!!(一度言ってみたかったんでしゅよ、これ!)」

ハルヒ「ハァ?!みくるちゃんまで酔っぱらったわけ?!」

朝比奈「ん?ちょっと待ってくだしゃい・・・古泉・・・お前さっきなんつった?」

古泉「(?!コイツ・・・さっきまでと・・・・気の量が・・・増えて・・)」

長門「・・・さぁ・・・今のうちに・・・・」

キョン「え?あ・・・あぁ」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/24(水) 22:02:24.19 ID:Cas+mwtY0
ルイズ「何よ、タバサ。私の使い間にてっ、てっ、手を出そうっての?」

タバサ「行きましょ、サイト。」

ルイズ「ちょちょちょちょっとー!無視するんじゃないわよ!」

タバサ「うるさい。」

キュルケ「あらーダーリン何やってんのー?」

サイト「キュルケ!よかった。タバサを止めてくれ」

キュルケ「どうしたの?まっ、なんて赤い顔。どうしたのタバサ。」

サイト「何だか酔っ払ってるみたいなんだ。」

キュルケ「んー、そうねー・・・。えいっ。(シュルッ)」

サイト「ちょっ!!何タバサの服脱がしてんだよ!!」

キュルケ「いいじゃない。ほんと可愛い胸。」

アニエス「おい、ここにルイズ・フランソワーズと平賀才人はいるか・・・って何やってんだ!!」







41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:03:58.57 ID:DtpVDRrE0
長門「彼らはほっとく。」

キョン「そ、そうだな・・で、どうするんだ?この後。」

長門「今日は何でも貴方の言うことを聞こうと思う。・・クリスマスだから」

キョン「!!!」

長門「さぁ・・・願いを言って」

キョン「(ななな・・・何にしよう・・・)そ、そういえば・・酔いはもう冷めたのか?」

長門「酔い・・?何のことかわからない。それよりも早く願いを・・」

キョン「(すごい・・近いです・・・長門さん・・)」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:10:13.35 ID:DtpVDRrE0
キョン「そ、そうだな・・・たまには長門のその・・・・色んな話し方とか・・・表情を見てみたい・・かな」ドキドキ

長門「・・・・そう。それは・・・たまに混ぜていく。徐々に・・」

キョン「(あ、あれ・・?何かちょっと落ち込んだか?)もも、もちろん願いはこれだけじゃないぞ!」

長門「ほっ本当なのですかぁ?」

キョン「(え・・?微妙・・)」

長門「・・・・・・・」

キョン「い、いやいや・・可愛らしかったぞ!な?!そんな落ち込むことないだろ?!」

長門「もう吹っ切れた・・・・チュッチュして。」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:11:58.53 ID:DtpVDRrE0
キョン「(なっ?!なんですとぉーっ?!)」

長門「チュッチュ。さぁ。ほら。早く。」

キョン「な・・長門さん・・?これ、僕の願いってより・・あなたの・・願いじゃ・・」

長門「チュッチュ!チュッチュ!!!」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:18:55.29 ID:DtpVDRrE0
ちょうどその頃―――

古泉「はぁはぁ・・・・なかなかやるじゃあないですか・・・牛女」

朝比奈「フン。今まで実力なば隠すているのは大変だったさね。」

ハルヒ「何よその胡散臭い方言は・・・ホンット北国の女はやることないからって毎日毎日セックスセックスでさぁー!!そりゃ乳も大きくなるわよねぇーっ!!!!」

古泉「なっ?!なんだ・・・と・・?!まさか・・・・これほどまでに・・・ただの・・・キチガイ女じゃなかったのか・・?」

朝比奈「ハッ!そんぐれぇの気でオラに勝てっと思ってんのか?」

ハルヒ「まだよ・・・・まだなの・・・まだなのよ・・・・生理が・・・まだなのよぉぉ!!」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:21:06.87 ID:DtpVDRrE0
>>47
良かったな、お前が正常な証拠だ




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:24:50.77 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「あっそ。私なんて二日目でもうさっきっからイライライライラしてしょうがないのよ!!」

古泉「プッ。道理で臭ぇわけですね」ニコ

朝比奈「あ?今なんか言った?」

古泉「臭うって言ってんだよォォォォォォォォォォ!!!お前のアソコがよォォォォォ!!!!」

朝比奈「ビクッ」

ハルヒ「確かにみくるちゃん、臭いわね。ナプキン替えてきたら?」

朝比奈「お前達は今、2つの間違いを犯した・・・・わかるか?」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:27:44.33 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「1つ目は・・・・私のマンコ臭をバカにしたこと・・・・」

古泉「プッ!・・で?もう一つは?」

朝比奈「もう1つはな・・・」

ハルヒ「クスクス」

朝比奈「そこっ!笑うな!!」

ハルヒ「・・・プルプル・・・・で?さっさと言いなさいよ」

朝比奈「もう1つは・・」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:32:32.97 ID:DtpVDRrE0
一方その頃。長門宅。

長門「チュッチュはもういい。次のフェーズへ移行する。」

キョン「つ・・次?!って・・・?まさか!!」

長門「そう。そのまさか。時空要塞セクロス。」

キョン「(遂に・・・遂にこの日が来たんですね・・!!しかしまさか相手が長門とは・・・)」

長門「?何か不満が・・?」

キョン「いやいやいやいや!!め滅相もない!!で、でも俺・・避妊具とか・・無い・・けど」

長門「その必要はない。」

キョン「な・・いいのか・・?!」

長門「いい。今日はクリスマス。」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:37:35.59 ID:DtpVDRrE0
キョン「(さすが長門・・・・器がでかいぜ・・ゴクリ)」

長門「それでは開始する。服を脱ぐ。」

キョン「あ・・あぁ!」ヌギヌギ

長門「私のは見てはダメ。」ペシッ

キョン「痛っ!すまん」

長門「クリスマスにvip・・シカモエロカオスSSカイテテヤンナッチャウ」

キョン「な・・なんだ今の・・呪文か・・?」

長門「そう。あなたの情報を少し改竄した」

キョン「それは・・・一体・・?」

長門「いわゆる絶倫」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:42:45.52 ID:DtpVDRrE0
キョン「ちょっ!なな何だ何だぁ?!」ムクムクムク

長門「準備終了。速やかに性行為へと移行。以後、5時間は脱着脱着を繰り返し。」

キョン「だ脱着?それに5時間て・・」

長門「抜き差し抜き差し。」

キョン「ぬき・・さし・・・ゴクリ」

長門「ハメハメ。」

キョン「・・・よし!やっちまえ!」

長門「私に還りなさい」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:48:27.00 ID:DtpVDRrE0
一方ハルヒたちは・・・・

朝比奈「そうでしゅよ!そう!そう!!その調子でいいうどん作ってくだしゃいねぇー」

古泉「オェェェェッッッ!!ちくしょう・・・なんで僕らがこんな目に・・・・」

ハルヒ「まぁボコボコにされたしね・・・それにしてもその代償が・・・『みくるちゃんの下痢うどん製麺』とはね・・ウッ!ゴホッゴボッ!!」

古泉「敗者には生きるよりツライことが待っているんですね・・・」

朝比奈「ほらほらぁー!手が休んでましゅよぉ!麺を作り終わったら次はつけ汁でしゅからねぇ~」

ハルヒ「クソ・・・死にたいわ・・・!」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:52:36.90 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「よし!じゃあそろそろつけ汁作りましゅかねぇ~」

ハルヒ「でもみくるちゃん、ダシの取れそうなものなんて何も・・・」

朝比奈「すぐ出しましゅから待っててくだしゃいねぇ~」

古泉「まさか・・・・嘘だ・・・・・ろ・・?」

朝比奈「ンプッ!・・・オベェェ!!ゲホッ!ゲハッ!ジャブッ!ジャブジャブビーット!」

ハルヒ「ウップ!」

朝比奈「・・・・ッハァッハァ!この汁に・・・私の臭ーいクサナプキンを絞って・・と」

古泉「これは・・・ひどい」




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 22:57:45.01 ID:DtpVDRrE0
古泉「ひどく・・・興味をそそられます」

ハルヒ「!!!古泉・・君?」

古泉「早く食べたいものですなぁ。ハッハッハッハッハ」

ハルヒ「・・・・まぁ頭がおかしくなっても仕方が無い状況だしね・・私だけは・・・私だけは正気でいてやる・・・!」

朝比奈「あぁーっ☆古泉くーん!ダメでしゅよぉつまみ食い~!」

古泉「ハハッすみません。どうしても我慢ができなくなって。」

朝比奈「もうすぐ出来ますからねぇ、そろそろ茹で上がりましゅから」

ハルヒ「(なんとかして逃げ出せないかしら・・・)」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:02:29.33 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「できましゅたよぉー!さぁさぁ涼宮しゃん、召し上がれぇ☆」

ハルヒ「グゥッ?!ゲホッ!ガバッ!オエェ・・・酷い匂い・・・喉が焼けるみたい・・」

古泉「いただきます」ニコ

朝比奈「たーんとお上がり☆まだまだいっぱいありましゅからねぇ」

古泉「ズルズル~っ!ハフハフ!ズゾッ!ゴフッ!フーッ、フーッ、ズッ!ズゾゾゾー!!ゴクッ!プハーッ!凄い臭いです!!」

朝比奈「やぁだぁー古泉君ったら!照れちゃいましゅよぉ!」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:07:07.41 ID:DtpVDRrE0
ハルヒ「もう・・・・ダメだわ・・・匂いで・・・気がおかしくなりそう・・・」

朝比奈「あっるぇ~?!涼宮しゃんも食べてくだしゃいよぉ!」

ハルヒ「・・・そうね・・・頂くわ・・・・ズズッ・・・・・・・これって・・?!!」

朝比奈「・・・・・・ど、どうでしゅか・・・?」ドキドキ

ハルヒ「みくるちゃん・・・・アンタ・・・・凄いわよ!こんなうどん・・食べたこと無いわ!!」

朝比奈「うわぁーん!感激でしゅぅ~!!」

ハルヒ「そうだわ!キョン達にも食べさせてあげましょう!!」

古泉「そういえば・・・・」ギリ

朝比奈「忘れていたな・・・奴らのことを・・・」ビキ

ハルヒ「ククク・・・・待ってなさいよ・・・・キョン」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:13:20.88 ID:DtpVDRrE0
長門「ちょちょっとっとストップ。ストップ。」ギシギシギシ

キョン「ど・・どうした?!まだまだ終わらんよ!」

長門「一旦休憩。もうかれこれ2時間ヤリ通し。」

キョン「お?もうそんなに経ったのか。長門を抱いてると時間なんてあっという間だな」

長門「それは嬉しい」

キョン「その弾ける肌、形の整った小さめのお尻、小振りだがキレイで弾力の凄まじい胸、
液体ヘリウムのような瞳、むしゃぶりつくとすごいおいしい太もも、サラフワの髪の毛、
どれをとっても最k」

ピーンポーン・・・・




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:18:13.16 ID:DtpVDRrE0
長門「・・・・・・・・・・・」

ピーンポーンピーンポーン・・・・

キョン「誰だ・・・こんな時間に・・・」

ピンポンピンポンピンポンピンポンガチャガチャガチャガチャ!!!!!

長門「・・・・・怖い・・」

キョン「長門が怖がるなんて・・・・一体誰が・・・?」

「・・・・・みくるビーム」チュドォーン!バキッドカッ!!!

キョン「!!!!!!!」

ハルヒ「あらぁ?お楽しみの最中だったのかしらぁ?クスクス」

古泉「その様子じゃ何も口にしていないでしょう・・?」

朝比奈「うどん・・・・食えやぁ・・・・」ニタァァアア・・・




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:25:03.73 ID:DtpVDRrE0
長門「・・・・・プルプル」

古泉「長門さんが恐怖に脅えるとは・・・・珍しいこともあるものですね・・・」ゲテゲテゲテ

ハルヒ「じゃ・・・観念しなって・・」ゲテゲテゲテゲテ

朝比奈「欲しがれ」

キョン「ちょっと待て・・!意味がわからないし笑えない!それに凄く臭いです!」

朝比奈「チッ・・・見テロ・・・こウやっテ食ウんだヨ!!」ズゾッ!ズゾゾー!!

古泉「アッハハハハハハ!!見事ですよ朝比奈サン!さァ・・・食べテクダサいよォォぉ」

ハルヒ「なぁに?アンタ達まさか・・・・『食べたくない』とでも言うの・・?私は食べたのに・・・・ワタシハタベタノニ・・・!!!」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:29:17.30 ID:DtpVDRrE0
朝比奈「もうくっちまおうこいつ」ヒュッ

キョン「ぎゃぁあああああああああ!!!!」バリバリッ!ムシャガツッ!!

ハルヒ「キョン・・・・バカネェ・・・ゲテゲテゲテゲテ」

                             BAD END



ここまでのデータをセーブしますか?

    はい
 → いいえ




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:32:58.25 ID:DtpVDRrE0
もう寝る
もうヤダ
クリスマスにこんなゴミみたいなSS書いてさぁ!!
俺を叩きなよ!さぁ!ボロクソに叩けよ!!ちくしょう!!ちくしょう!!
うわぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああ!!!!




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:35:55.28 ID:DtpVDRrE0
>>116
ありがとう・・・・でも俺もう寝るからさ・・・・
誰か適当に書きなよ・・・・・俺も勝手に書いただけだしさ・・・




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:38:08.16 ID:DtpVDRrE0
>>117>>119
ありがとう・・・・・でも寝るわ・・・・携帯から支援するから誰か好きに書けばいいんだ




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/24(水) 23:46:15.48 ID:DtpVDRrE0
>>122
バック
トゥザ
未来




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 00:26:39.49 ID:D5BLpHHzO
長門「長門さん的には全然おっけぃなんれふよぅ」

キョン(……何がOKなんだよ)




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 00:31:31.92 ID:D5BLpHHzO
長門「おトイレに行ってきまふ」ビシッ

キョン(敬礼って…)

キョン「古泉…長門はどうしちまったんだよ…」

古泉「はぁ、酔っぱらってしまったんでしょうね」

キョン「それはわかるけど…
いくらなんでも、あの変わりようは…」

長門「長門二等兵ただいまもどったでありまふ」ビシッ

キョン「お…おう…」

長門「…と、思ったら長門さんの席がないれふねぇ」

ハルヒ「………」グッタリ

キョン(こいつも酔っ払ってたのか)

古泉(ですが、まだ寝てしまってるだけましですね)




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 00:37:36.05 ID:D5BLpHHzO
長門「長門さんの席ー、長門さんの席はどーこれーふかー」

キョン「とりあえず、ハルヒのいたとこにでも座れ」

長門「りょーかい」フラフラ

古泉「あの様子じゃ、たどり着く前に転んでしまいそうですね」

キョン(…トイレによく行けたな)

キョン「いいよ、俺の席に座れ」

長門「わーかりましたー」

キョン「お、おいまて!俺が立ってから…」

長門「よっこらせっと」フギュッ

キョン「………」

長門「あーれれー?なんか坐り心地がおかしいれふねー」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 00:57:01.38 ID:D5BLpHHzO
キョン「あー…長門?」

長門「上から声がしまふね」

古泉「膝の上にちょこんと座る長門さん。
微笑ましい光景ですね」

キョン「…全然微笑ましくないんだが」

長門「そんなとこで何をしてるんれふかー」

キョン「それはこっちの台詞だ!
取り合えず一回どいてくれ」

長門「…そーれふかそー…れ…」

キョン「長門?」

長門「すぴー…むにゃむにゃ…」

キョン「寝るなー!」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 01:02:19.30 ID:D5BLpHHzO
ハルヒ「………」

長門「あはは…それは…崩壊因子れふよ…むにゃ…」

キョン「この二人…どうする?」

古泉「涼宮さんのほうは、僕と朝比奈さんでお家までとどけようと思いますが…」

キョン「長門は俺一人か…」

古泉「すいません」

キョン「笑顔で謝られてもなぁ…まぁいいよ。
タクシーでも捕まえればすぐだろうし」

古泉「そうと決まれば。
朝比奈さんは足のほうを持って下さいね」

みくる「え?あ、はい」

キョン(シュールだ…)




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:10:25.52 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「じんぐーべーじんぐーべーすずがなぁるー」

みくる「きょおーはーたのしいークリスマスー…ヘェイ!」


キョン「……」

古泉 「かなりのハイテンションですね」

キョン「なんで開始して数分で出来上がってんだよ」

古泉 「どうやら、お二人は酔い安い体質のようですね」

キョン「おかしいだろ。子供でも飲めるシャンパンを用意したんだぞ」

古泉 「場酔い…でしょうか?」

キョン「長門の部屋のどこにそんな要因があるんだか…」




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:17:10.37 ID:jq/zMaRJO
キョン「ったく……長門、お前の宇宙的パワーで酔いを覚まさせて
    やれないか?」

長門 「……」

キョン「長門?」

長門 「……ふぇ?」

キョン「…なぁ、顔が赤いが、まさかお前も…」

長門 「酔ってない」

キョン「そ、そうか。それなら…」

長門 「ぜんっ…ぜん酔ってなんかないんれふよー」

キョン「……」




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:27:46.46 ID:jq/zMaRJO
古泉 「これは間違いなく酔ってますね」

キョン「宇宙人も酔うんだな…」

長門 「酔ってない」

キョン「いや、フラフラしてるし顔赤いし目が据わってるし…」

長門 「長門さんは常日頃からこんな状態だたよー」

キョン「何より言葉使いがおかしいから!」

長門 「なんでもいいじゃないのー」

キョン「くっ…!頼みの綱までこの体たらくか……」




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:33:37.87 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「こらぁ、そこ!二人もちゃんと飲みなさいよっ!」

キョン「飲んでもお前らほどの盛り上がりはできん」

みくる「んふー…先輩に向かってお前とはなんでしゅか!」

キョン「ああ、いえ…朝比奈さんに言ったわけでは…」

みくる「じゃあ飲め」

キョン「……」

古泉 「とりあえず、飲んでおきましょう」

キョン「だな…」




158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:50:12.25 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「いっき!いっき!いっき!」

キョン「ちょ、流しこむ……ごぼぼ!?」

長門 「ごぼぼって言った!ごぼぼって言ったぁ!」

みくる「軟弱軟弱ぅー!」

古泉 (なんと惨い…)


キョン「げほっ、えほっ!」

ハルヒ「次の開けて空けるわよー!」

長門 「次はいっちゃんねいっちゃん!」

古泉 「いっちゃん……僕ですか!?」

長門 「ゆきりんが開けるー」




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 11:57:04.64 ID:jq/zMaRJO
みくる「いっき!いっき!いつき!」

古泉 「な、長門さん頭を抑えつけ……がほっ!」

長門 「ゆきりん仕込みのスペシャルシャンパンだよー」

キョン「はー…はー…長門仕込み?」


古泉 「げふぅ…」

ハルヒ「寝転んだりしてだらしないわねー」

みくる「軟弱軟弱ぅー」

キョン「大丈夫か古泉?」

古泉 「な、中身が本物のお酒に…」

キョン「いらんところで情報操作すんな長門おぉぉ!」




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 12:06:14.80 ID:jq/zMaRJO
―1時間後―

ハルヒ「まだまだ夜は長いわ!どんどん飲むわよー!」


キョン「化け物かあいつら…」

古泉 「もう…お腹が保ちません…」

キョン「俺もすっかり水っ腹だ…」


長門 「追加持ってきますたー」

みくる「ヒューヒュー!」


キョン「長門がどこぞから次に次に補充してくるし…」

古泉 「終わりが見えませんね…うっ、気持ち悪い…」




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 12:19:54.88 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「気分もノッてきたし、ここらで一発芸いっくわよー!」

キョン「しょっぱなからノリノリだったじゃねえか…」

古泉 「動けません…」

ハルヒ「まず私から腹踊りー」

みくる「ヒューヒュー!」


ハルヒ「んしょ…」

キョン「服を全部脱ぐんじゃない!」

みくる「いいぞいいぞー!ヒューヒュー!」

長門 「ヒューヒュー!」

古泉 「親父の溜まり場ですかここは…」




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 14:57:27.46 ID:jq/zMaRJO
>>164

キョン「はぁ…はぁ…」

ハルヒ「なんで邪魔すんのよー」

キョン「俺はお前がふくれっ面してる意味がわからない…」

ハルヒ「もういいわ!次、みくるちゃん!」

みくる「ひゃーい」

みくる「二番、朝比奈みくる!バイクのマネしましゅ!」

キョン「まともと言っていいのか分からんが安心した…」

古泉 「脱がれるよりはマシでしょう…」


みくる「ドゥルルン!ドゥルルン!パラララパラララパララララー」

キョン「どこいくんですかー!?」




178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 15:05:57.92 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「みくるちゃんが風になりにいったし、ゆきの出番よ!」

長門 「了解であります!」

長門 「ゆきりんのビックリマジックショー!」

ハルヒ「かっこいいー!ゆきかっこいいー!」

キョン「もうマジックと聞いて嫌な予感しかしないんだが」


長門 「ここで死んでるいっちゃんを…」

古泉 「死んではいないんですが…」

長門 「一瞬で消してご覧にいれまするー」

キョン「ちょっ…」

古泉 「すみません…後は任せました」

長門 「布をかぶせて…わんとぅすりー!」

ハルヒ「おおー!キレイさっぱり消えたわ!」

キョン「古泉いぃぃぃぃぃぃッ!!」




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:04:45.97 ID:jq/zMaRJO
キョン「古泉…俺一人に押し付けていくなよ…」

ハルヒ「なにブツブツ言ってんの?ほら、キョンの番よ!」

キョン「お、俺もやんのか?」

長門 「当然だろうもん」

キョン(宴会芸なんざ用意してないぞ…)


みくる「ピンポーン!」

ハルヒ「声で呼鈴鳴らさなーい」

長門 「もう上がってるがなー」

キョン(グッドタイミングです朝比奈さん)




181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:11:33.94 ID:jq/zMaRJO
みくる「お土産持ってきましゅた」

ハルヒ「ヒューヒュー!」

長門 「ヒューヒュー!」


阪中 「こんばんは」

キョン「おいぃぃぃぃぃぃぃぃッ!!」

阪中 「ひっく…ここどこなのねー?」

キョン「しかももう出来上がってるし!」




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:19:18.13 ID:jq/zMaRJO
キョン「さ、阪中?」

阪中 「わぁ、キョンくんお久しぶりぃ」

キョン「いや、同じクラスだぞ」

阪中 「じょーだんじょーだんマイケルルソー」

キョン「もう意味がわからん…」


ハルヒ「さて、人数が増えたし…」

キョン「いや、古泉が消えたからプラマイゼロだ」

ハルヒ「王様ゲェーム!!」

みくる「ヒューヒュー!」

長門 「待ってました!」

阪中 「やんややんや!」


キョン「ついていけん…」




183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:27:36.33 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「ところで王様ゲームってどんなんだっけ?」

キョン「知らないのかよっ」

阪中 「はいはいはーい!」

みくる「はい、お客人!」

阪中 「はい!王様ゲームとは、王様になった人がそれ以外の人に、自由に
    命令を出す事ができる魅惑の遊びなのね」

長門 「ナニを命令しても大丈夫」

キョン「おい、言葉のイントネーションがおかしかったぞ」

ハルヒ「割り箸よーい!」




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:38:36.02 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「――王様だーれだ!」

阪中 「当たったのね!」

みくる「ちぃ!」

長門 「さあ来い!どんと来い!」

キョン「頼むからまともな命令を…」


阪中 「えー、では二番と四番がチッス!」

キョン「しょっぱなから!?」

ハルヒ「さあ、誰よ誰よ?」

みくる「私四番でしゅ」

長門 「二番ゆきりん!」


キョン「なん…だと…」




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:48:09.60 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「さあ!どーんといっちゃいなさい!」

阪中 「ごくり…」

キョン(不謹慎ながら、正直ドキドキするな…)


みくる「だが断る」

長門 「それは許されないんだよー」

みくる「どうせならキョン君がいーいー」

キョン「うえ!?」

長門 「ふざけろ。こっちのセリフだ」

キョン「ちょ…」

ハルヒ「どっちもふざけんな」

阪中 「キョンくんモテモテなのねー」




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 16:59:26.00 ID:jq/zMaRJO
みくる「やんのか?え?やんのか?」

長門 「上等だ乳魔神」

キョン「ま、待った待った!」

ハルヒ「止めちゃダメよキョン」

キョン「いや、だって…」

阪中 「ここからが良いところなのね」

キョン「……は?」


みくる「おらぁ!」

長門 「ふん!」

チュ

キョン「殴りかかると見せかけてキス…だと…?」

ハルヒ「ヒューヒュー!」

阪中 「流石なのねー!」


キョン「なにこのテンションもうやだこの酔っ払い達……」




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:14:48.93 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「よくやったわ二人とも!」

みくる「んふふ、長門さんの唇柔らかかったでしゅ」

長門 「いやん」

キョン「………」

阪中 「キョンくん疲れた顔してるのね」

キョン「実際疲れてんだよ…」

ハルヒ「二回戦よ!王様だーれだ!」


みくる「はい!王様でしゅ!」

ハルヒ「またハズレかー」

阪中 「どんどんいくのね!」

みくる「じゃあ、一番に二番が抱きつく!」

長門 「一番!ゆきりん一番!」


キョン「俺二番…」




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:19:29.40 ID:jq/zMaRJO
阪中 「きゃーきゃーなのね!」

みくる「ヒューヒュー!」

ハルヒ「王様の命令は絶対よキョン!」

キョン(くっ、この酔っ払いどもは…)

長門 「キョーンくん!カモンベイベ!」

キョン「……拒否は…」

ハルヒ「ダメ」

キョン「ですよねー」




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:29:00.60 ID:jq/zMaRJO
キョン(キスに比べればまだマシか…)

長門 「まだー?キョンくんまだー?」

キョン(だが、とち狂ってる長門に抱きつくのはどうだろう…)

みくる「ほらほらー。あんまり遅いと命令を変えましゅよー」

キョン「仕方ない…」

長門 「んー、おいでキョンくん」

キョン「……んじゃ失礼して」

ギュ

長門 「もっとギューってして」

キョン「こ、こうか?」

長門 「んふー、キョンくんの匂いー」

キョン「酒臭いせいで微妙だ…」




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:35:56.02 ID:jq/zMaRJO
みくる「思ったより面白くなかったでしゅね」

ハルヒ「もっときわどい命令しなくちゃ」

阪中 「すー…すー…」

ハルヒ「ほら、退屈すぎて阪中たんが寝ちゃったわよ」

キョン「いや、時間を考えれば普通だろ」

長門 「ゆきりんは満足だたよー」

キョン「てか、そろそろお開きにしないか?阪中も寝ちまったし」

ハルヒ「えー…つまんない」

キョン「ほら、おしまいおしまい」

みくる「ブーブー」

長門 「ブーブー」

キョン「長門はブーたれてないで古泉を還そうな」




194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:43:28.95 ID:jq/zMaRJO
ハルヒ「ふぁ…あふ」

キョン「お前も眠そうじゃないか」

ハルヒ「ん……じゃあキョン、膝貸して」

キョン「膝?」

ハルヒ「膝枕」

キョン「断る」

ハルヒ「それを断る。じゃあお休み…」

キョン「ったく…帰るって言ってんのに」

みくる「それでは私も失礼して…」

キョン「朝比奈さんまで…」

長門 「ゆきりんのスペースがないよ?」

キョン「お前は古泉を復活させてから寝てくれ」




195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 17:56:18.97 ID:jq/zMaRJO


キョン「――そんなこんなで全員潰れた」

古泉 「そうですか。ひとまず帰ってこられて良かったです」

キョン「どこに飛ばされてたんだ?」

古泉 「さて?消されてからの記憶が曖昧なもので…」

キョン「まったく…長門が酔うと危ないな」

長門 「……」

キョン「明日には元に戻ってるといいんだが…」

古泉 「では、僕は拉致られてきた阪中さんを送ってきますね」

キョン「ああ、じゃあな」




196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 18:05:19.79 ID:jq/zMaRJO
キョン「はぁ…どうしたもんかな」

長門 「……」

キョン「ん?なんだ、長門まだ起きてたのか?」

長門 「起きた」

キョン「そうか……ん?戻ったのか?」

長門 「迷惑をかけてしまった。ごめんなさい」

キョン「ああ、記憶は残ってんのか」

長門 「後は私に任せて。あなたは帰ったほうがいい」




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 18:10:51.11 ID:jq/zMaRJO
キョン「本当にもう大丈夫なのか?」

長門 「問題無い」

キョン「そっか…じゃ、二人の事は任せたぞ」

長門 「待って」

キョン「ん?」

長門 「帰る前に、私も彼女達と同じことをしてほしい」

キョン「えっと…なにを?」



長門 「膝枕」

キョン「あ、そこは根にもってんのか」

おわり




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 22:15:28.85 ID:jq/zMaRJO
長門 「ぜんっ…ぜん酔ってなんかいないんれふよー」

朝倉 「間違いなく酔ってるわね」

長門 「酔ってないったら酔ってなーいー」

朝倉 「お酒なんてあったかしら…?何を飲んだの?」

長門 「何もー。えへへへ涼子ちゃーん」

朝倉 「――っ!初めて…初めて下の名前だけで呼んでもらえた…!」

長門 「んぷー…」朝倉 「~~…って違う違う!何が原因かしら…」

朝倉 「あら?ゴミ箱になにか…」


朝倉 「ウィスキーボンボン……」

長門 「えみりんに貰ったのー」

朝倉 「喜緑さん…分かってて上げたのね…」

長門 「んー、涼子ちゃーん」

朝倉 「――ああもう、グッジョブだわ!有希いぃぃ!!」




213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 22:23:34.27 ID:jq/zMaRJO
ピンポーン

朝倉 「くっ、誰よいいところなのに!」


朝倉 「はーい?」

キョン『あれ?部屋番号間違えたか?』

朝倉 「(フラグクラッシャーか…)何か用?」

キョン『ああなんだ、朝倉か。長門は?』

朝倉 「長門さん?寝てるわよ」

キョン『あー…今日は団の活動日なんだが…』

朝倉 「また今度にしてあげて」

キョン『いや、俺に言われても…ってうぉ!?』

ハルヒ『さっさと有希を出しなさい!』

朝倉 「(涼宮さんもいるのね)うん、それ無理」

ハルヒ『なんでよ!』

朝倉 「有希は今具合が悪くて寝てるの。起こさないで」

ハルヒ『そうなの?ならお見舞いしなきゃ!開けてちょうだい』




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 22:28:31.87 ID:jq/zMaRJO
朝倉 (ちっ、せっかくの甘い一時を台無しにされてたまるか!)


朝倉 「大丈夫よ。あまり大勢で来られても、ね」

ハルヒ『そうよね…それじゃ、お大事にって言っておいて』

朝倉 「うん、じゃあね」

カチャン

朝倉 「ふぅ、なんとかなったわね……有希!」

長門 「…すー…」

朝倉 「ほんとに寝てる―――――ッ!!」

朝倉 「いや、これはこれで…」




217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 22:34:54.68 ID:jq/zMaRJO
朝倉 「ふふ、可愛い寝顔…ふひひ」

朝倉 「ゆっ、有希いぃぃぃぃぃぃ!!」

ガチャ

ハルヒ「有希ー?大丈……夫?」

朝倉 「………」

キョン「な、何やってんだ?」

朝倉 「……ナニ?」

ハルヒ「………」

キョン「……ほら、言わんこっちゃない。だから諦めようって言ったんだ」

ハルヒ「………」

キョン「愛の形は人それぞれだ。邪魔したな朝倉」

ガチャン


朝倉 「………」


おわり




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 22:35:40.40 ID:i7xr2T1w0
終わった…


 


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 22:36:03.43 ID:qT09Sfh6O
>>217



 


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 22:36:22.66 ID:DZNvN3s00
いちおつ


 


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 22:41:23.53 ID:KMPDh3+Y0
え・・・・・・・・お、乙です


 


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/12/25(木) 22:57:46.90 ID:jq/zMaRJO
風邪だとかならいくらでもネタが湧いてきそうなんだが
酔ってるとなるとかなり縛られるから難しいよねっ




224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 23:16:53.71 ID:hYHGMZ6U0
やけに早いおわりだなw

ついでに☆ゅ



 


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/25(木) 23:42:58.58 ID:Vh742hvE0
終わった・・・のか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

banner_01.gif

[ 2008/12/26 09:28 ] 涼宮ハルヒ | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。