FC2ブログ
ジャンヌ速報 イクラ『ファッキンタラヲ』9.23

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

イクラ『ファッキンタラヲ』9.23 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:35 ID:RjHsYdS70
タラヲ「イクラちゃん!そんなこと言っちゃダメですよ!」

イクラ「ファッキン!タラヲ!ファッキン!」

タラヲ「ママー!イクラちゃんがイジメるでーす!」

サザエ「タラヲ!ファッキン!ファッキン!」

イクラ「ママもか!!」





2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:36 ID:RjHsYdS70
イクラ・サザエ「ファッキン!タラヲ!ファッキン!」

タラヲ「うわあ、来るなです!寄るなです!」

ガラララ・・・(扉を開ける音)

タラヲ「カ、カツオおにいちゃん!助けてくださーい!」

カツオ「ファッキン!タラヲ!ファッキン!」

タラヲ「うわああああああああああ!!!?」




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:36 ID:RjHsYdS70
タラヲ「うわああ!みんな追いかけてくるでーす!」

マスオ「おやタラちゃん、どうしたんだい?」

タラヲ「パパ!パパは普通です!よかったです!」

マスオ「どうしたの?そんなに慌てて・・」

タラヲ「かくかくじかじか・・」

マスオ「それは大変だね!外に逃げよう!!」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:08/09/23 22:37 ID:RjHsYdS70
タラヲ「やっぱりパパは頼りになるでーす!」

マスオ「リカちゃんの家は安全なんじゃないかな?行ってみよう!」

タラヲ「リョーカイです!」

マスオ「ごめんくださーい!」

リカ「タラヲ!ファッキン!タラヲ!ファッキン!」

タラヲ「うわあああああああ!!リカちゃんもです!!!?」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:37 ID:RjHsYdS70
リカ「ファッキン!ファッキン!」

タラヲ「パパー!逃げるです!危ないでs・・」

マスオ「タラヲ!ファッキン!タラヲ!!!」

タラヲ「みんなイカれちゃってるですうううううう!!!」







 


 


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:39 ID:nUMbnkmA0
これまた唐突に終了したな




 


11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:40 ID:RjHsYdS70
じゃあ考えながら書くから遅いけど始めていい?




 


18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:43 ID:RjHsYdS70
タラヲ「はぁはぁ・・・けっこう走ってきたけど」

タラヲ「・・ここはどこですか?」

タラヲ「まだ10時くらいなのに人がいないです・・・」

タラヲ「・・なんだか怖いです・・・・」

ノリスケ「タラちゃんじゃないか、どうしたんだ?こんなところで!」

タラヲ「!!」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:45 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「・・・ふむ、そんなことが・・・」

ノリスケ「・・まさか、うちのイクラまで・・」

タラヲ「・・こんなこと言いたくないんですけど・・」

ノリスケ「・・ん?なんだい?」

タラヲ「イクラちゃんのパパも信用できないです・・僕のパパみたいに・・・」




 


22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:46 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「・・ふむ、タラちゃんの心配はわかるよ!でもね」

ノリスケ「僕のことは信用してくれて大丈夫だ!」

タラヲ「なにか証拠があるんですか?」

ノリスケ「これだよ!」バッ

タラヲ「なんですか?」

ノリスケ「今朝の新聞さ・・みてごらん?」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:50 ID:RjHsYdS70
タラヲ「え、これ・・・」

ノリスケ「見出し『新しい流行!?ファッキン族現る』・・・」

タラヲ「流行・・・みんなフザけてただけってことですか?」

ノリスケ「それが違うんだな・・本文にはこう書いてある・・」

ノリスケ「『埼玉県○○市○○村で突如、多くの人が「ファッキン」しか言わなくなった・・』」

ノリスケ「『村の残りの人の証言では、何を話しかけても・・・』」

ノリスケ「『「ファッキン」しか言わなくなってしまったそうだ・・』」




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:53 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「・・・・どうだい?」

タラヲ「どうだいって・・こんなの信じられるわけないです・・」

ノリスケ「ところが本当に起きていることなんだよ・・」

タラヲ「・・・てことは、『ファッキン』以外喋れる貴方はファッキン族じゃない・・」

ノリスケ「そうさ!」

タラヲ「じゃあ、パパはなんでファッキン族に・・?」






25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:55 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「う~ん、あくまで仮説だが・・・」

ノリスケ「急に『ファッキン』って言い始めたってことは・・・」

ノリスケ「もしかしてファッキン族ってのは・・」

タラヲ「伝染するもの・・・病気か何かですか?」

ノリスケ「う~ん、僕の悪い頭じゃ考えきれないや・・・」

ノリスケ「あ、僕これからイササカ先生のところに行くんだけど」

ノリスケ「タラちゃんもどうだい?」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:57 ID:RjHsYdS70
タラヲ(ここで1人になるのは危険です・・・・)

タラヲ(ここはこの人についていくのが得策です・・・)

タラヲ「じゃ、じゃあ、ついていくです!」

ノリスケ「よしきた、一緒にいこう!!」

-イササカ宅-

ノリスケ「先生、入りますよ!」コンコンッ





 


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 22:58 ID:RjHsYdS70
イササカ「おお、ノリスケくんか、入りたまえ」

ノリスケ「失礼しますー」ガチャリッ

イササカ「おや、タラちゃんも一緒だったのかい?」

タラヲ「はい、おじゃましますです」(この人は大丈夫なのか・・)

ノリスケ「先生、原稿はまだなんですか?」

イササカ「すまんねえ・・アイデアが浮かばなくてね・・はは」




 


34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:01 ID:RjHsYdS70
イササカ「じゃ、またいつも通り、サザエさんの家でヒマ潰し頼むよ・・」

タラヲ「・・・・」

ノリスケ「あ、あー、今日はちょっと、出かけてるみたいで!」

イササカ「タラちゃんを残してかい?珍しいねー」

ノリスケ「え、えーと、今日は特別みたいですん、はは・・」

イササカ「ふーむ、そうか。ではさっさと原稿仕上げ・・・うっ・・」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:03 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「せ、先生!大丈夫ですか!どうしたんですか?」

イササカ「う・・うう・・なんだねこれは・・うがっ」

タラヲ(ま、まさかの・・・?)

イササカ「ファッキン!ファッキン!」

タラヲ・マスオ「で、出たー!!!」




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:05 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「くそお・・まさかイササカ先生までもが・・」

イササカ「ファ・・ファッキン!ファッキン!ノリスケ!タラヲ!」

ノリスケ「ふむ・・ファッキン族になると呼び捨てになるのか・・」

タラヲ「冷静に分析してる場合じゃないです!逃げるです!」

イササカ「ファッキン!ファッキン!」




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:07 ID:RjHsYdS70
イササカ「ファッキーン!」ズザザザ・・

ノリスケ「!!」

ノリスケ「まずい・・入り口を塞がれた・・・・」

タラヲ「どうするですか・・」

ノリスケ「窓から出るしか・・・・タラちゃん!」

タラヲ「!?」

ノリスケ「逃げるんだ・・タラちゃん、窓から・・」




 


40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:09 ID:RjHsYdS70
タラヲ「え、あなたはどうするですか!?」

ノリスケ「この状況じゃ・・二人逃げるなんて贅沢できないだろ?」

タラヲ「で、でも・・・」

ノリスケ「タラちゃん、きみは・・まだ若い」

ノリスケ「僕が食い止める!キミは生きろ!!」

タラヲ(こんなキマってるノリスケさん・・初めて見た・・)

ノリスケ「早くいけ!!」




 


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:13 ID:RjHsYdS70
ノリスケ(ファッキン族の謎の解明は・・タラちゃん、キミに託したよ!)

ノリスケ「うおおおおおおおおおおお!!!!」どごぉっ

イササカ「グヌヌ・・ファッキン!ファ、ファッキン!?」ズルル・・

タラヲ「イクラちゃんのパパ!無事でいてください!応援を呼んでくるです!」バッ

イササカ「タヲオオオ!!ファッキン!!!ファッキン!!!」ゴゴゴ・・

ノリスケ「うがああああああ・・・・腕があああああああ・・・・!」

・・・タラヲはただひたすらに走り続けた・・・




 


44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:15 ID:RjHsYdS70
タラヲ「また道に迷ってしまったです・・・」

タラヲ「ここはどこなんですか?」

浜さん「おや・・そこにいるのは・・タラちゃんかい?」

タラヲ「!?」

タラヲ「・・失礼ですが・・・」

タラヲ「誰ですか?」




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:18 ID:RjHsYdS70
浜さん「ほほ・・忘れていて当然だ・・」

浜さん「ワシが登場していたのはアニメのみ・・」

浜さん「しかも、最後に登場したのが1985年・・・」

タラヲ「ど、どうしてですか・・・?」

浜さん「・・製作者の都合で、イササカ家に変えられてしまったのじゃよ・・」

タラヲ「!?」




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:21 ID:RjHsYdS70
タラヲ「そ、そんなことがあったなんて・・複雑な心境です・・」

浜さん「ほほ・・詳しくはwikipediaでも見なさい・・」

浜さん「して、タラちゃん、どうしてこんなところにいるのかね?」

タラヲ「実はかくかくじかじか・・・」

浜さん「・・そんなことがあったのか・・それは大変じゃ」




 


50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:23 ID:RjHsYdS70
浜さん「どれ、ワシの家なら安全じゃろ!近くじゃから来なさい!」

タラヲ「助かるです・・」(いい人に出会えてよかったです・・)

浜さん「ただいまー」ガラガラ・・

ミツコ「ファッキン!パパ!タラヲ!ファッキン!」

浜さん「・・なんてことじゃ・・・娘まで・・」




 


53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:25 ID:RjHsYdS70
見たことあるって人が多いようなので・・
実は前も同じようなスレがありましたが、評判がよくなかったので・・
色々練ってまたスレ立てたわけです・・

あと>>42
イササカ「タヲオオオ!!~」
は、正しくは
イササカ「タラヲオオオ!!~」
です




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:27 ID:RjHsYdS70
浜さん「・・はぁはぁ・・年をとると息切れも早いわい・・」

タラヲ「浜さん・・大丈夫ですか?」

浜さん「・・それよりも、娘までもがああなってしもうては・・」

浜さん「・・・こうなりゃ、娘を戻す方法を探すしかないわい!」

タラヲ「・・ボクもそう思っていたです!一緒に探すです!」

浜さん「ほっほ・・頼もしいわい・・」




 


58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:29 ID:RjHsYdS70
タラヲ「とりあえず・・・さっき話したとおり・・」

浜さん「ノリスケという男じゃな・・どれ、案内しなさい・・」

タラヲ「ところが・・無我夢中で走ってきちゃったですので・・」

タラヲ「道がわからなくて・・・」

浜さん「それは困ったのお・・どれ、テキトーに歩くか」




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:34 ID:RjHsYdS70
浜さん「とりあえず図書館にでも行ってみるかの・・」

タラヲ「どうしてですか?」

浜さん「もしかしたら昔にも似たことがあったかもしれんしな・・」

-図書館-

浜さん「ほれタラちゃん、見てみなさい・・」

タラヲ「・・『村人に異変・・一定の言葉しか喋らなく・・』」

浜さん「1984年と書いてある・・ワシが現役の頃じゃな・・」

タラヲ「もっと詳しく調べるです!」




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:37 ID:RjHsYdS70
タラヲ「わかったことは・・・」

・普通に暮らしていた人達が突如、一定の言葉しか喋らなくなる

・前の事例では「ファッキン」では無かった(「ドスコイ」等色々あった)

・何の前触れもなく、いきなり豹変するので、対策のしようが無い

・どうやら伝染するようだ

浜さん「ふむ・・わかってきたのう・・」




 


62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:41 ID:RjHsYdS70
タラヲ「・・・治す方法とかないんですかね・・」

浜さん「ふむ・・それがあれば楽なんじゃが・・」

タラヲ「やはり、原因を突き止めるしかないですか」

浜さん「・・うっし!いっちょかますか!」

-イササカ家-

タラヲ「案外近かったですね・・迷わず着いちゃった」

浜さん「さて・・ノリスケとかいう男を探すかの・・」




 


64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:44 ID:RjHsYdS70
浜さん「おーい、ノリスケとやら!返事せい!」

タラヲ「イクラちゃんのパパー!無事ですかー!」

シーン・・

タラヲ「・・さっきイササカ先生がいた部屋へ・・・」

浜さん「・・わかった・・気をつけよう」




65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:46 ID:RjHsYdS70
タラヲ「いくですよ・・」ガチャリ・・

浜さん「誰かいるかの?」

タラヲ「・・・」キョロキョロ

ノリスケ『・・遅かったね』

浜さん・タラヲ「!?」




66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:48 ID:RjHsYdS70
タラヲ「・・・!!」

浜さん「上か!?」

ノリスケ『みてよタラちゃん、タラちゃんが遅いから・・・』

ノリスケ「こんな姿になっちゃって・・・うぐ・・」

ノリスケ「うがああ!!!ファッキン!タラヲ!!ファッキン!」

タラヲ「うわああああああ!!!イクラちゃんのパパ!!許してくださいです!」

浜さん「落ち着けタラちゃん!言葉なんて通用しねえ!」




67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:51 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「うごああああああ!!!!!ファッキン!!!!!」

浜さん「くそ・・こんなことしたくねえが・・」

タラヲ「は、浜さん・・?」

浜さん「浜さんパーンチ!!!」ドゴォッ!!

ノリスケ「うげああああああああ!!!!」

ノリスケ「・・・いててて・・なんだこの痛みは・・?」

タラヲ「・・も、戻った?」




 


69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:53 ID:RjHsYdS70
ノリスケ「あれ?タラちゃん?どこだいここは?」

ノリスケ「そのイカツいオジサンは誰だい?あ!ファッキン族だね!?」

ノリスケ「かかってこい!タラちゃん!逃げるんだ!」

浜さん「・・・すまん、俺が頭殴ったからか?おかしくなったのか?」

タラヲ「いや・・いつものイクラちゃんのパパです」




70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:54 ID:Dq5mFSLvO
浜さんパンチwwwwww

自分にさん付けwww




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:56 ID:RjHsYdS70
タラヲ「ち、ちがうんです!この人は浜さんと言って・・」

タラヲ「かくかくじかじか・・・」

ノリスケ「・・ふむ、なんと!そうだ!思い出した!ボクはイササカ先生に・・」

浜さん「思い出したみたいだな・・で・・」

浜さん「ノリスケ、どうしてお前はファッキンになっていた?」

ノリスケ(いきなり呼び捨て・・)「ん、いや、イササカ先生に殴られて・・あれ?」

タラヲ「それ以前に、イササカさんはどうしたですか?」

ノリスケ「う~ん・・ああもう!いっぺんに聞くな!こんがらがらがる!!!」




72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/23 23:58 ID:6t0NzLWBO
最初のキチガイじみた感じがよかったんだが




731 ◆15oz854cks []:08/09/24 00:00 ID:ePxWG2PP0
時間変わるまでトリップつけます

-------

浜さん「・・つまり要約すると・・・イササカって人に殴られた瞬間から意識はなく・・」

タラヲ「次に気がついたら浜さんパンチにやられていたですか・・」

ノリスケ「う~ん・・てことは・・『殴る』ってことが鍵になりそうだね!」

浜さん「こいつ、バカのくせに鋭いの!」

ノリスケ「ヒドいよ~浜!」

浜さん「初対面の相手を呼び捨てにするんじゃねえ!ボケ!」

ノリスケ「・・・」




 


751 ◆15oz854cks []:08/09/24 00:03 ID:ePxWG2PP0
>>72
多分、俺の脳内で考えた話では、最終的にそっちの方向にいくかと・・

--------

ノリスケ「浜さん、この後どうするんですか?」

浜さん「う~ん・・タラちゃん、宛てはあるのかい?」

タラヲ「・・一旦、家に戻ってみるです!」

ノリスケ「うわ、ホンキかい?タラちゃん!危ないよ!」

浜さん「ふむ・・ではワシも同行するかの!ノリスケも来い!」

ノリスケ「・・んもう!わかりましたよ!」






761 ◆15oz854cks []:08/09/24 00:05 ID:ePxWG2PP0
-磯野家-

ノリスケ「うわ!もう玄関に入っただけでこの重苦しい空気!絶対いるよ!」

浜さん「ワシは感じないが・・・タラちゃんが襲われたのはどこらへんじゃ?」

タラヲ「・・居間です」

浜さん「うし、タラちゃんを先頭に出発!」

ノリスケ「うわうわ!本当にズカズカ行っちゃうんだから・・」

ノリスケ「あ!浜さん!土足で上がっちゃダメですよ!あ!」




771 ◆15oz854cks []:08/09/24 00:07 ID:ePxWG2PP0
あの、ここで、明日朝早いので、一旦中断させていただいてよろしいでしょうか?

もし残ってたら続けますし、落ちてたら明日建て直します!
よろしいですか?




 


811 ◆15oz854cks []:08/09/24 00:11 ID:ePxWG2PP0
みんなの優しさに感謝!
・・じゃあ続くってことで!

浜さん「タラちゃんの冒険は続くのじゃ・・」

スポンサーサイト




banner_01.gif

[ 2008/09/23 00:00 ] サザエさん | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク