FC2ブログ
ジャンヌ速報 マスオ「そうだサザエ、ジャンケンでもしてみないかい?」

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

マスオ「そうだサザエ、ジャンケンでもしてみないかい?」 

マスオ「そうだサザエ、ジャンケンでもしてみないかい?」


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:01 ID:extX5zFJ0
サザエ「ウフフ、いいわよ、私得意なんだからー」

マスオ「よーし!それじゃあ行くぞ! ジャンケン!ポイ!」

サザエ「・・・・負けた」

マスオ「どうだ!見たかサザエー!サザエ・・・?」

サザエ「負け・・まけ負まままmMAMAAAAAAAAAAAAKEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!」

マスオ「サザエ!?サザエー!?」





マスオ「そうだサザエ、ジャンケンでもしてみないかい?」


6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:06 ID:extX5zFJ0
フネ「マスオさん、どうし・・・・サザエ!!!」

マスオ「お義母さん!サザエが!サザエがー!

サザエ「JAAAAAAAAAAAAANNNKEEEEEEEEEEEEEEEEENNNN!!!!!!!!!!」

フネ「まさか・・・マスオさん・・・あなたサザエにジャンケンを・・・」

マスオ「は、はい!それで僕が勝ったらサザエがああなって・・・」

フネ「やっぱり・・・20年前と同じね・・・・」

サザエ「JAAAAANKEEEEEEEENNN!!!!!!!!!JAAAAAAAAAANNNKEEEEEEEEEEEENNNNNN!!!!!」




 


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:14 ID:extX5zFJ0
マスオ「エェー!?20年前ですって!?」

フネ「サザエは昔からジャンケンが強い子でね・・・ある日私が勝負を仕掛けたんですよ・・・」

フネ「そうして私が勝つとサザエは丁度今みたいな状態に・・・」

マスオ「い、いったいどうして・・・」

フネ「そこまで話し込んでる時間は無いみたいですよ・・・!」

サザエ「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNNNNNNNNN!!!!!!!!!!!」 ガスッ

フネ「くっ・・・! マスオさん!ここは私に任せて早くお逃げなさい!」

マスオ「でもお義母さん!」

フネ「大丈夫ですよ・・・私はサザエの母親なんですからね・・・」

マスオ「お義母さん!お義母さーーーーーーーん!!!!!」




 


11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:19 ID:extX5zFJ0
マスオ「と・・・とりあえずノリスケくんのところに・・・」


マスオ「ノリスケくん!いるかい!?ノリスケ・・・・開いてる・・・!!!」

ノリスケ「う・・・あ・・・」

マスオ「うわああーーーー!!!ノリスケくーーーーん!!!!」

ノリスケ「マ・・・マスオさん・・・」

マスオ「一体誰がこんなことを・・・ハッ!」

タラヲ「パパ見つけたでーす♪」

マスオ「タラちゃん!いったいこれは・・・!」 

ズバンッ

マスオ「なん・・・だってェー!?」




 


15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:29 ID:extX5zFJ0
イササカ「いやはや・・・間に合ったようでなにより」

マスオ「イササカ先生!」

タラヲ「不人気作家が何の用ですかー?」

イササカ「なに、今日の3時に来ると言っていたノリスケくんが来なかったからね・・・」

イササカ「珍しく〆切に間に合った原稿を持ってきただけさ」

マスオ「い、イササカ先生・・・タラちゃんは一体・・・」

イササカ「マスオさん、タラちゃんはサザエさんに宿る悪魔の血を受け継いでいるのですよ」

ノリスケ「じゃ・・・邪神・・・?」

イササカ「ジャンケンの悪魔に取り憑かれたものはジャンケンに負けると本性が現れる・・・」

イササカ「恐らくサザエさんの覚醒がきっかけでその息子であるタラちゃんにも影響が!」

タラヲ「正解でーす♪」

マスオ「そんな・・・タラちゃんが・・・」




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:34 ID:extX5zFJ0
イササカ「しかしタラちゃんを抑えるには私一人ではいささか役不足ですな」

イササカ「せめて誰かから力を貰えれば・・・」

マスオ「僕がやります!」

イササカ「マスオくん・・・!しかしタラちゃんは・・・!」

マスオ「父親だから・・・だから僕がやらなくっちゃいけないんです!」

イササカ(マスオくんはあのサザエさんの夫であり彼女を孕ませた男・・・)

イササカ(そんな凄まじい男の力を貰ったら・・・私の体は・・・いや)

イササカ「いいでしょう!マスオさんの力を私に貸してください!」

マスオ「いいですとも!」




 


18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:42 ID:extX5zFJ0
タラヲ「くっ・・・小癪ですぅ・・・」

イササカ「もう少し・・・もう少しだ・・・!」

マスオ「い、イササカ先生ー!」

イササカ「ヨシッ!封印だァーー・・・・・?」

タラヲ「きか・・・ない・・・でーす・・・」

イササカ「な・・・私ではいくら頑張っても貴様を封じることは・・・無理なのか・・・?」

タラヲ「当たり前でーす♪」

マスオ「いっ、イササカ先生ーーー!!」

マスオ(おっ、落ち着けマスオ!高学歴はうろたえないッ!)

マスオ(なにか・・・なにかアレを打ち破る手立てがあるはず・・・そうだ!思いついたぞッ!)




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:08/09/04 22:47 ID:5+FXOlti0
なんてスレに迷い込んでしまったんだろう




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 22:49 ID:extX5zFJ0
マスオ「こっちを向けタラちゃあーーーーん!!!」

タラヲ「なんですかー?」

マスオ「いくぞっ!ジャンケンだ!」

マスオ(ジャンケンに負けて出てきた悪魔!それをジャンケンで打ち破ればッ!)

イササカ「い、いかーん!マスオくん!仮に負けたら君の命が!」

タラヲ「もう遅いでーす♪ジャンケンで僕に勝てるわけないでーす♪」

マスオ(そうだ!ジャンケンは『心』の勝負だッ!心が折れたら負けだッ!)

マスオ「だけど僕は負けないッ!負けるのは・・・タラヲの方だァーッ!」

タラヲ「ジャン!」

マスオ「ケン!」

マスオ・タラ「ポンッ!!!」




 


25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:00 ID:extX5zFJ0
タラヲ(?)「な・・・まさか・・・この俺が・・・ぐ・・・GYAAAAAAAAA!!!!!!!!!」

イササカ「や、やったぞッ!タラちゃんの心に巣食った悪魔が浄化されるッ!」

マスオ「僕の勝ちだ!」

ノリスケ「タラちゃんは・・・生きてるぞ!」

マスオ「よし!これでサザエも助け出せる!」

?「ククク・・・それはどうかな・・・」

マスオ「なっ・・・!君は!」

中島「そうさ!僕だよマスオさん!」

マスオ「中島くん!?なぜだ!君はサザエとは関係ないはず!」

中島「ふっ、すでに関係あるないの話じゃあなくなってるのさ」

イササカ「どういうことだね!!」

中島「SAZAEさんの力で悪魔がどんどん新しく生み出されてる!もう世界滅亡も時間の問題だ!」

マスオ「そ・・・それで君も取り憑かれたのかい?」

中島「そうさ!そしてSAZAE様の周りには無数の手下がバリケードを作っている!果たして突破できるかな!?」

マスオ「くっ・・・卑怯だぞサザエ!」




 


27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:06 ID:extX5zFJ0
早川「クク・・・いじめるのはやめましょうよ先輩」

中島「ふふ・・・そうだな早川・・・2対1なら造作もなく・・・・ハッ!」

ガッ!!

マスオ「き、君たちはーー!」

カツオ「カツオ!」

ワカメ「ワカメ!」

カツオとワカメ「二人は磯野家!!」

中島「磯野!お前!」

早川「ワカメちゃん!?」

カツオ「中島!お前だけは許さないぞ!」

ワカメ「早川くん!乙女心を踏みにじった罪は重いわよ!」

マスオ「カツオくん!ワカメちゃん!」

カツオ「マスオ義兄さんは早く姉さんのところへ!」

ワカメ「お姉ちゃんを救えるのはマスオ義兄さんだけだから!」

マスオ「ありがとう・・・!ありがとう・・・!」




 


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:13 ID:extX5zFJ0
マスオ「なっ・・・!なんてことだ!敵が多すぎる!」

「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNKEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!」

マスオ「でも・・・行くしかない!」

マスオ「うおおおおおおおおおーーーーーーーーー・・・・・あれ?」

「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

花沢「大丈夫!?マスオさん!」

カオリ「雑魚は私たちが引き受けます!」

マスオ「花沢さん!カオリちゃん!ダメだ!女の子にそんな危険なことはさせられない!」

??「そうだよぉ~二人とも、フグタくんは僕に任してくれ」

マスオ「なっ・・・!君はーーー!!!」

アナゴ「いやぁ~、待たせたねぇ~フグタくん」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:08/09/04 23:15 ID:sU7ttUen0
もう何がなんだかwwwww




 


32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:26 ID:extX5zFJ0
サブ「マスオさん!バイクに乗ってってください!」

マスオ「サブちゃん!?しかしそのバイクは君の大切な・・・」

サブ「へっ、嫁さんよりも大切なもんは無いっすよ!」

マスオ「・・・ありがとうサブちゃん! 頼むぞアナゴくん!」

アナゴ「ぶるあああああああああああああ!!!!」

花沢「す・・・スゴイ!一撃で道が!」

カオリ「これじゃ確かに、私たちは戦力外だわ・・・!」

サブ「マスオさん、頑張って下さい・・・悔しいけどバイクが無い僕はただの三河屋っすから・・・」

マスオ「サブちゃん、カオリちゃん、花沢さん、カツオくん、ワカメちゃん、イササカ先生・・・」

マスオ「みんなの気持ちは伝わったよ!行くぞアナゴくん!サザエのところへ!」




 


34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:35 ID:extX5zFJ0
ジンロク「行かせるかァー!くらえ!浪人パンチ!」 ゴッ

アナゴ「浪人パンチか・・・フフ・・・」

アナゴ「マスオくん、どうやら敵は磯野家の敷地内には入ってこないようだ、ここは任せてくれ」

マスオ「アナゴくん・・・」

アナゴ「生きて戻ったらまた飲み交わそうじゃあないかぁ」

マスオ「ああ!もちろんだよ!」

アナゴ「・・・さてと、そういうわけであんたたちを通すわけにはいかないんだよねぇ~」

裏のおじいさん「ほっほ、なるほどこれは強そうじゃのう」

裏のおばあさん「おじいさん一人で大丈夫ですかねえ」

裏のおじいさん「ほほ、ダメだったらばあさんに代わろうかの」

アナゴ(この二人・・・相当の使い手だよねぇ~、どうだろう、勝てるかなぁ~)

アナゴ(・・・フグタくん、飲みに行くのは来世になるかもしれないねぇ)




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:37 ID:extX5zFJ0
なんで敵は敷地内に入ってこないのにアナゴが防ぐの?バカなの?




 


37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:47 ID:extX5zFJ0
SAZAE「JAN・・・KEN・・・JAN・・・KEN・・・」

フネ「ふっ・・・私も老いたものだねぇ・・・」

SAZAE「JAN・・・KEEEEEEEEEEEEEEEEEENNNN!!!!!!!!!!!」

フネ(さよならみんな――――)

マスオ「サザエ!」

フネ「! マスオさん!?どうして戻ってきたんですか!!」

マスオ「すいませんお義母さん・・・でもこれは僕が決着をつけなきゃいけないんです!」

フネ「マスオさん・・・!」

マスオ「行くぞサザエェーーーッ!最後のジャンケン勝負だ!!!」

SAZAE「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNNNNNNNNNKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEENNNNNNNNNNN!!!!!!!!!!!!!!」




 


40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:52 ID:extX5zFJ0
マスオ「ポイッ!」

フネ「あ・・・あいこッ・・・!一発目はあいこ!」

マスオ(あいこだとっ!?ビビっているのか僕は!ジャンケン勝負は心の勝負だと言ったはず!)

SAZAE「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN!!!!!!!!!!」

マスオ「そうだっ!心の弱さを克服するんだッ行くぞ!あいこで!」

SAZAE「SYOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!」

フネ「まっ・・・またあいこ!!二発目もあいこだわッ!!!」

マスオ「つ・・・強いッ・・・!」

SAZAE「AIKOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!」




 


44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/04 23:59 ID:extX5zFJ0
マスオ(クソッ、これはヤバイぞ!長期戦になればなるほど集中力が乱れて僕が不利になる!)

フネ(最低でも次ッ!ここで決めなければ明日はないッ!)

マスオ「くっ・・・行くぞサザエェェェーーーーーーーッ!!!」

SAZAE「AIKOOOODEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

マスオ「しょおぉーーー!!!!!」

フネ「まっ、マスオさんの手はグー!サザエの手は――――」

マスオ「サザエもグーだってエェー!?」

マスオ(終わりだ・・・今のジャンケンで僕の力は全て使い切った・・・・)

マスオ(もう・・・勝てるはずが・・・)

??「バッカモーーーン!!!」

マスオ「なっ!まさか!?」

フネ「お父さん!!」




 


50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:08 ID:ciaqe0dN0
波平「マスオくん!なんて顔をしておる!勝負はまだこれからじゃないか!」

マスオ「お義父さん・・・ダメです・・・僕にはもう・・・」

波平「情けないことを言っとる場合か!ここまで頑張ったみんなの心を無駄にするのか!」

マスオ「!!!」

波平「みんなの気持ちを受け取ったんはずだ!」

マスオ「そうだ、僕は・・・僕は一人じゃない!」

マスオ「みんなが一緒にいてくれるんだ!!」

波平「よし!行けい!これが正真正銘最後のジャンケンになる!」

マスオ「ようし来いっ!!続きをやるぞサザエッ!!!」

SAZAE「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNNNNNNN!!!!!!!!!!」




 


60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:17 ID:ciaqe0dN0
マスオ(サザエ、確かに君は強い!だけど一人だ!君はたった一人で闘っているにすぎない!)

マスオ「僕には一緒に闘ってくれる友達が!!仲間がいるんだああぁぁぁぁぁっ!!!」

SAZAE「JAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

マスオ「ケエエエエエエエエエェェェェェェェーーーーーーン!!!!!!!!」

SAZAE「POIIIIIIIIIIIIIII!!!!!!!!!!」

マスオ「ポォイィッ!」





SAZAE「………MA…?」

フネ「や・・・やった・・・お父さん!」

波平「うむ!」

SAZAE「MAKE…MAKE…MAKE…」

マスオ「また・・・僕の勝ちだったね・・・サザエ・・・」

サザエ「・・・・ええ」





 


67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:28 ID:ciaqe0dN0
数日後―――

中島「おおい、磯野ー!」

サザエ「カツオー!中島くんが読んでるわよー!」

カツオ「わかってるよ!!」

町は何事も無かったかのように平和を取り戻した

悪魔による被害者たちは騒動のことを何も覚えていないらしく
僕たちもそれでいいと思ってる

サザエも今ではジャンケンをしても平気になった
きっと完全に浄化されたのだろう


今日も僕らはジャンケンをする
明日もみんなでジャンケンをしよう




マスオ「そうだサザエ、ジャンケンでもしてみないかい?」  完




68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:29 ID:ag1XKWN+O





 


76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:43 ID:I5xIhz9Q0
こんなの見ちゃったらもうサザエさんのジャンケンに勝てねぇじゃねぇか・・・




77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:08/09/05 00:45 ID:8uN16F9t0

アナゴ「ぶるああああああああああ!!!」から腹筋こわれはじめた


スポンサーサイト




banner_01.gif

[ 2008/09/05 20:40 ] サザエさん | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク