FC2ブログ
ジャンヌ速報 ξ゚⊿゚)ξと流石兄弟のようです

ジャンヌ速報

新ジャンル的なスレとかサザエさんスレとかドラえもんスレとかvipまとめブログ
フリーエリア
ヘッドライン

ξ゚⊿゚)ξと流石兄弟のようです 

ξ゚⊿゚)ξと流石兄弟のようです


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/07 22:17 ID:ckcAe3i00
ぬるぽ





ξ゚⊿゚)ξと流石兄弟のようです


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/07 22:18 ID:mF/7XM6u0
どうしろと




4 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/07 22:20 ID:j2cWrEFw0
>>1㌧ガッ

すいません、現行が詰まりに詰まっております。
その気分転換と言ってはなんですが、お題形式の作品を投下したいと思います。

まず、プロローグを投下するのでそれが終わったらお題募集したいと思います。




5 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/07 22:22 ID:j2cWrEFw0
私はツン。金髪であること以外は、どこにでもいるであろう小学生だ。
そんな普通な私の周りには、何故かおかしい人がたくさんいる。

私は24歳にもなる、従兄弟と暮らしている。
その従兄弟が曲者で、おかしい人が集まる中心にはいつも存在してたり。

ξ゚⊿゚)ξ「…………なんでだろ」

( ´_ゝ`)「どうしたんだい? 肩でも凝るのかい? 揉んであげようかwwwwフヒヒwwww」

曲者その一。従兄弟の兄者、という人だ。
親族である私にも、遠慮なく手出しをしてくるド変態のロリコン。
この人を中心に、おかしい人が集まっている。

(´<_` )「通報通報……っと」

(;´_ゝ`)「ば、ばばばばばばばバカ! じ、じょじょじょじょじょじょ冗談に決まってるだろ!」

兄者さんとかなり似た顔をしているのが、彼の双子の弟である弟者さんだ。
兄よりは幾分かまともだが……あるものの熱狂的なファンである。




6 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/07 22:24 ID:j2cWrEFw0
(´<_` )「ツンちゃん、なにかあったらすぐ110番するんだよ?」

( ´_ゝ`)「ツンちゃんはそんなことしないもんな!」

ξ゚⊿゚)ξ「……わかりませんよ?」

(;´_ゝ`)「そりゃねえよおおおおお!!!」


これは、私とこの二人を中心とした日常の話。




9 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/07 22:26 ID:j2cWrEFw0
プロローグはここで終了です、お題募集したいと思います。
エロ、グロなどはご遠慮させていただきます。
あと、元ネタを知らない物がお題に来た場合はスルーする可能性が高いです。

>>8
同じような設定でやってますが、続編と言うよりはリベンジに近い形です。




19 ◆PORNOqm4Ug [しましま]:07/09/07 22:35 ID:j2cWrEFw0

ξ゚⊿゚)ξ「兄者さんいつもしましまの服着てますが……なんでですか?」

( ´_ゝ`)「縦じまは細く見えるんだよ、スリムうめえwww」

(´<_` )「……要するに、ピザ化が怖いわけだな?」

(;´_ゝ`)「ち、ちちち違うわ! ちょっと腹回り太くなってきたけど違うわ!」

ξ゚ー゚)ξ「折角ですし、この際働き始めましょうか?」

(;´_ゝ`)「いやああああ!!!! それだけはああ!!!!」

(´<_` )「動物園とかいいんじゃね? しましま仲間いるだろうし」

(;´_ゝ`)「俺は見世物か!? そうなのか!?」




27 ◆PORNOqm4Ug [ピクニック]:07/09/07 22:44 ID:j2cWrEFw0
ピクニック

( ´_ゝ`)「よし、明日はピクニックに行くぞ!」

(´<_` )「唐突だな、まあ明日予定ないしいいか」

ξ゚⊿゚)ξ「私もOKです、どこ行きます?」

( ´_ゝ`)「草原とかよくね? 大自然の恩恵を感じれるぜ?」

(´<_` )「じゃあ探してみるか……」




28 ◆PORNOqm4Ug [ピクニック]:07/09/07 22:46 ID:j2cWrEFw0
翌日

(  _ゝ )「………………」

(´<_` )「…………残念だったな、雨とはな」

( ;_ゝ;)「……折角張り切って弁当まで作ったのに……」

ξ゚⊿゚)ξ「……じゃあ、また今度行きましょうよ! いつでもいいですよ!」

( ;_ゝ;)「でも……」

(´<_` )「意地張るなよ? 天候は仕方ない、また今度だ。それと弁当は頂いてくぜwww」

( う_ゝ;)「うぅ……」

ξ゚⊿゚)ξ「ほら、泣かない泣かない」

( う_ゝ`)「……ありがとう」




29 ◆PORNOqm4Ug [モンゴル]:07/09/07 22:52 ID:j2cWrEFw0
(´<_` )「モンゴルと言えば?」

ξ゚⊿゚)ξ「遊牧民!」

( ´_ゝ`)「朝青るびぃ!」

(´<_` )「……もっかい」

( ´_ゝ`)「朝青りゅろうとせいか!」

(´<_` )「……どうやったらそんな噛み方に……」

( ´_ゝ`)「朝ごはん!」

(´<_` )「死ね」

ξ゚⊿゚)ξ「……朝ごはんまだ食べてなかった……」




36 ◆PORNOqm4Ug [カマキリ]:07/09/07 22:56 ID:j2cWrEFw0
ξ゚⊿゚)ξ「知ってますか? カマキリって交尾のあと雌が雄を食べるらしいですよ?」

(´<_` )「ほう……カマキリの世界は怖いな」

( ´_ゝ`)「じゃあ俺もカマキリごっこすれば、女に食べてもらえるんじゃね?」

(´<_` )「勿論、死ぬぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ、死にますね」

(;´_ゝ`)「え、性的な意味じゃなかったの?」

(´<_` )「……少なくともそんな考えた方をする奴より、カマキリの方がよっぽどマシだな」

(* ´_ゝ`)「はぁ……はぁ……もっと罵ってぇ!」

ξ゚⊿゚)ξ「……母者さん呼ぼうかな」

(;´_ゝ`)(´<_`;)「それだけは!」




41 ◆PORNOqm4Ug [しば漬け]:07/09/07 23:02 ID:j2cWrEFw0
( ´_ゝ`)「しば漬けUMEEEEEEE」

(´<_` )「俺は漬物苦手なんだがな……和風なのはいいんだが……」

ξ゚⊿゚)ξ「梅干は神、これは誰にも譲らない」

( ´_ゝ`)「な! 梅干とご飯の相性は最高だ。日の丸弁当とか、至高の弁当だ」

(´<_` )「…………ツンちゃんはともかく、兄者。お前ただそれしか食えないだけだからだろ」

(;´_ゝ`)「ギクゥ! あ、やべ……ぎっくり腰に……」

(´<_` )「ねーよ、普通にねーよ」




 


44 ◆PORNOqm4Ug [カラオケ]:07/09/07 23:08 ID:j2cWrEFw0
( ´_ゝ`)「カラオケに来たぞ……ってもうマイク持ってる?」

(´<_` )「Keep your hands with mine Beautiful day!」

ξ゚⊿゚)ξ「この曲は……?」

(´<_` )「当てられるものなら当ててみなさい」

( ´_ゝ`)「箱根八里!」

(´<_` )「……氷川きよしのファンクラブにでも入ってろ」


( ´_ゝ`)「なんでぇ~こんなに可愛いのかよ~」

ξ゚⊿゚)ξ「孫、とは……」

(´<_` )「渋いな、そこだけは流石だ」




45 ◆PORNOqm4Ug [オナリスト (グッドは関係ない)]:07/09/07 23:15 ID:j2cWrEFw0
( ´_ゝ`)「俺はオナリストだ!」

(´<_` )「はいはい、ツンちゃんの前でそういうこと言わないの」

ξ゚⊿゚)ξ「オナリスト ってなんですか?」

(´<_` )「兄者みたいな、変態の事を言うんだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「そうですか……困りますね、そんな人が何人もいるんですか?」

(´<_` )「全国に……何万人とかいるかな、兄者がそれだけいると考えてくれればおkだ」

ξ゚⊿゚)ξ「わかりました! 大変ですね、日本は」

(´<_` )「ああ、もう終わりだろうな……」

(;´_ゝ`)「……扱い酷くない?」




49 ◆PORNOqm4Ug [電話]:07/09/07 23:29 ID:j2cWrEFw0
(´<_` )「……あ、もしもし?」

「おお、どうした? こんな時間に」

(´<_` )「野球やらね?」

「唐突だなwいいけどいつ頃だ?」

(´<_` )「今週末、決着をつけようじゃないか」

「……俺の魔球は打てんぜ?」

(´<_` )「ワンバウンドしなきゃベースまで届かないくせに何を」

「それは昔の話だ、今は違うぜ?」

(´<_` )「期待してるさ、じゃあな」

「おう、そいじゃな」


ξう⊿゚)ξ「…………誰と電話してたんですか?」

(´<_` )「……戦友、っていうのかな?」

ξ゚⊿゚)ξ「?」




55 ◆PORNOqm4Ug [草野球]:07/09/07 23:40 ID:j2cWrEFw0
('A`)「うおおおおお!!! 俺のこの手が真っ赤に燃える! 真ん中射抜けと轟き叫ぶ! どりゃああああ!!!」

(´<_` )「普通真ん中射抜けって言わないだろ……常考」

打球は伸びに伸びて、センターを越えたところで落ちた。
文句なしのホームランである。

(;'A`)「何故だ! 折角届くようになったのに!」

(´<_` )「いや、だからコースを言うなって……」

(;'A`)「なら兄者来い! 討ち取ってやる!」

( ´_ゝ`)フヒヒwww貴様なんぞ打ち抜いてくれるわwww」

ξ゚⊿゚)ξ「兄者さんー! 頑張ってー!」




57 ◆PORNOqm4Ug [草野球]:07/09/07 23:43 ID:j2cWrEFw0
(;'A`)「幼女からの支援か! 羨ましいな畜生! 俺の声援は野太い男からだけだ!」

( ´_ゝ`)「幼女とは失礼な……ツン、という名前があるんだ!」

(#'A`)「そうかい! 羨ましいことには変わりないんだよ! ほら! またど真ん中射抜いてやる!」

またもや白球は高く飛び、すぐに見えなくなった。

(´<_` )「……馬鹿すぎるだろ」




60 ◆PORNOqm4Ug [星空×コーヒー×……苦い ]:07/09/07 23:53 ID:j2cWrEFw0
(´<_` )「…………空って雄大だよな」

限り無く広くて、時には美しい青色を見せる。
その青色と一緒に、日光が差す。生命はそれで保たれている。

たまにどんよりした灰色に覆われて、恵みの雨を降らす。
食料確保の為の、農家にとっては必要不可欠なもの。

夜には美しい星達を見せ、心を躍らせてくれる。
その星について、躍起になって探す学者もいるほどだ。

その調節を、空単体でやっている。そう思うと、空という存在が頼もしく感じる。

(´<_` )「……なんか恥ずかしいな」

傍らにあったコーヒーを掴み、口へ持ってくる。

(´<_` )「……苦い」




64 ◆PORNOqm4Ug [兄と弟のおっぱい理論 ]:07/09/08 00:02 ID:PtMJEgqm0
( ´_ゝ`)「小さいのがいい!」

(´<_` )「普通にでかいのだろう……常考……」

( ´_ゝ`)「お前は貧乳の体のラインの美しさがわからんのか! あんなもの邪魔だ!」

(´<_` )「いや……お前は実際触ったことが無いからわからない。あの柔らかさに勝るものは無いぞ……」

(#´_ゝ`)「俺を馬鹿にしたな!? 触ったことぐらいあるわ! 母者の!」

(´<_` )「……可哀想だな、今度ソープでも行って来いよ」

(#´_ゝ`)「……いいかもしれんな!」

(´<_` )「そこは否定しないのかよ」




69 ◆PORNOqm4Ug [熱くなるほどヒート! 震(ry]:07/09/08 00:14 ID:PtMJEgqm0
(#´_ゝ`)「うおおおおおおお!!!」

(´<_` )「時にどうした兄者」

(#´_ゝ`)「ウルトラマンおもしれええ!!!!!」

(´<_` )「……恥ずかしくないか?」

(#´_ゝ`)「俺も変身してやる! 熱くなるほどヒート! 震えるぞハート!」

(´<_` )「なんか……違うんじゃないか?」

(#´_ゝ`)「そんなの関係ねぇ! かっこよければいいんだ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「うるさい!!」


(((((;´_ゝ`)))))「すいませんでした……」

(´<_` )「ざまあみろ……ツンは夏休みの宿題中なんだ」 

ξ*゚⊿゚)ξ「え! ちょっと! そればらさないで下さいよ! 終わってなくて恥ずかしいのに……もう8月も終わるよ……」






72 ◆PORNOqm4Ug [今宵の月のように]:07/09/08 00:22 ID:PtMJEgqm0
( ´_ゝ`)「……月が綺麗だ」

(´<_` )「そうだな、満ち欠けがまた美しい」

ξ゚⊿゚)ξ「ですね……この年で風情を感じるとは思ってませんでした」

(´<_` )「まあ、それもいいだろ?」

ξ゚⊿゚)ξ「ですね、感慨深いものがあります」



( ´_ゝ`)「突然だけどさ……俺達の関係って、月みたいでいられるかな?」

(´<_` )「どういうことだ?」


( ´_ゝ`)「月の満ち欠けのように、ケンカする事はあってもさ、仲直りできる。っていうのかな?
       要するに、最終的には変わらずいられるかな……って事なんだ。分かりにくくて済まない」


ξ゚⊿゚)ξ「……自分は、それが当たり前だと思っています。心配しなくても大丈夫ですよ!」

(´<_` )「俺もこの絆は切れないと思うがな、まあ心配するな!」

(  _ゝ )「そっか……ありがとう、二人とも……」

兄者の頬に、一筋の涙が流れていった。




76 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/08 00:30 ID:PtMJEgqm0
( ´_ゝ`)「うーん……寝れないな……羊でも数えるか」

( ´_ゝ`)「羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹……」


(  _ゝ )「羊が……20匹……羊が……40匹……弟者は……70トン……重過ぎる……」

(  _ゝ )「ひつじ……が……6089匹……うっ」




(´<_` )「……なんか干物が転がってるが、なんなんだろう」

兄者は階段のところで寝てしまったようです。




81 ◆PORNOqm4Ug [ウルトラマンh(ry]:07/09/08 00:35 ID:PtMJEgqm0
( ´_ゝ`)「俺はウルトラマンが好きだ!」

(´<_` )「俺は仮面ライダーだな……王道だろう……」

ξ゚⊿゚)ξ「私は戦隊物! なんか燃えるものがある!」

(#'A`)「誰がなんといおうとメタルヒーローだ! 重量こそ命!」

( ´_ゝ`)「何を!?」

(´<_` )「……煩いな、仮面ライダーが一番だ」

ξ゚⊿゚)ξ「ハリケンジャーを見習うべきです!」

(#'A`)「うるさい! 光沢が一番だ!」




(´・ω・`)「僕はゴジラとガメラが好きだね」

(;´_ゝ`)(´<_`;)ξ;゚⊿゚)ξ(;'A`)「何でお前が!!??」(ツン世話の6話参照)




 


79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/08 00:33 ID:nImyY8u4O
クーは出ないの?
弟者との絡みが見たい




83 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/08 00:36 ID:PtMJEgqm0
そろそろお題募集はとめます、もうすぐエピローグに入ります。

>>79
お題という形で受けとってもよろしいですか?




89 ◆PORNOqm4Ug [兄者邪心眼を馬鹿にする ]:07/09/08 00:43 ID:PtMJEgqm0

( ´_ゝ`)「弟者が邪心眼なるものに目覚めたらしいが……どういうものなのだろう」

( ´_ゝ`)「ん? これは教本かな……?」

( ´_ゝ`)「うほっ いい男? なんだこれは……」                                     (´<_`#)

( ´,_ゝ`)「弟者はこんなものを読んでたのかwwwあっはっはwww笑いが止まらんぜwwwホモwwwテラホモスwwww」 

( ´,_ゝ`)「笑いが止まらんよwwww今夜は祭りだwwwwwツンを呼べツンをwwwwwふははははwwwww」

(´<_` )「兄者」

(;´_ゝ`)「ほぇぇ!? なんだ!?」

(´<_` )「人の部屋を漁るとはいい度胸だな、ん? 死ぬか?」

(;´_ゝ`)「ご勘弁をぉぉぉぉぉ!! お慈悲をぉぉぉぉぉぉ!!」

(´<_` )「問答無用、ヘブンズゲート!」

(;´_ゝ`)「アウチッ!」




90 ◆PORNOqm4Ug [ツン、ホラー映画にびびりまくる]:07/09/08 00:49 ID:PtMJEgqm0
ξ゚⊿゚)ξ「……なんとなく借りてきたビデオ、ホラーに挑戦してみようかな」

ξ゚⊿゚)ξ「着信……アリ? まあ、見てみようかな」



~鑑賞中~

ξ;゚⊿゚)ξ「え、ちょっと! 何あれ! え、怖!」

ξ;゚⊿゚)ξ「もしかしてこの部屋にもいるんじゃ!? 電気電気……ってうわあああああ!!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「し、死んでる……首が捻じ切れてる……こいつぁ駄目かもわからんね、あのいんちき霊媒師め……」

ξ;゚⊿゚)ξ「うわぁ……怖いよぉ……」

ξ;⊿;)ξ「ふぇぇぇん…………誰かー……怖くて後ろ向けないから何とかして……」




98 ◆PORNOqm4Ug [やっぱりスマブラ(64) ]:07/09/08 00:59 ID:PtMJEgqm0

ξ゚⊿゚)ξ「久々にスマブラやりましょうか!」

(´<_` )「いいね、でも64しかないんだ。すまない」

( ´_ゝ`)「それでいいからやろうぜ! カモンドックン!」


(;'A`)「たんすに入れといて……よく言うぜ……」

(´<_` )「いんちきー」

ξ゚⊿゚)ξ「いんちきー」

('A`)「いんぽー」

(;´_ゝ`)「ばっ! それは言うな!」

(´<_` )「ほもー」

ξ゚⊿゚)ξ「ほもー」

('A`)「掘られたことある癖に掘った事はないんだよね、いんぽだし仕方ないよねwwwww」

以下、気にせずスマブラスタート




 


102 ◆PORNOqm4Ug [やっぱりスマブラ(64) ]:07/09/08 01:04 ID:PtMJEgqm0

( ´_ゝ`)→サムス

(´<_` )→ルイージ

ξ゚⊿゚)ξ→ピカチュウ

('A`)→フォックス(2chのあの人は関係ないよ!)



('A`)「オラオラ死ね死ねリフレクリフレクwwwww」

( ´_ゝ`)「びよーんって伸びてね、捕まえてね、叩きつけるんだよ」

('A`)「そりゃ卑怯だ……畜生……ってあれ? 起き上がってる途中に……」

(´<_` )「悪いな、ボム兵があったから投げたんだ。反省は(ry」

(;'A`)「最初に死ぬのはやっぱ俺かよー……」




103 ◆PORNOqm4Ug [やっぱりスマブラ(64) ]:07/09/08 01:05 ID:PtMJEgqm0
ξ゚⊿゚)ξ「かみなり!」

(;'A`)「追い討ちktkr! これは酷い! 僕ちゃん泣いちゃう!」

ξ゚⊿゚)ξ「泣けば?」

( ´_ゝ`)「泣けよ」

(´<_` )「早く涙しろよ」

(;A;)「皆嫌いだああああ!!!!」





今回の戦績→ツン1位、弟者2位、兄者3位、ドックンビリ




109 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]:07/09/08 01:22 ID:PtMJEgqm0
(´<_` )「…………よお」

川 ゚ -゚)「やあ、急にどうしたんだ?」

(´<_` )「……これさ、受け取ってくれない?」

川 ゚ -゚)「これは、指輪か? どういう意味だ?」

(´<_` )「結婚して欲しい」

川 ゚ -゚)「そうか…………」

(´<_` )「駄目か? 駄目なら構わんぞ?」

川 ゚ー゚)「いや、喜んで受け取っておこう」

(´<_` *)「ほ、本当か!?」

川 ゚ー゚)「ああ、待っててくれたからな。喜んで受け入れるさ」

(´<_` *)「よっしゃあああああ!!!」




 


111 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]:07/09/08 01:24 ID:PtMJEgqm0
(´<_` )「というのも、結構昔の話になったもんなんだな……」

川 ゚ -゚)「そうだな、もうあれからそんな経つのか……それとこのパーティーはなんだ?」

(´<_` )「今日は、兄者の誕生日だと。はしゃがせてやりたくてな」

川 ゚ -゚)「ちゃんと一日一回顔出してるからな、この家には。お前も、私も」

(´<_` )「律儀だよな、俺ら」

川 ゚ー゚)「少なくともお前は違うぞ」

(´<_`;)「えぇ……どこがよ」

川 ゚ー゚)「ふふっ、冗談だ」

(´<_` )「……クマー」

川 ゚ -゚)「クマー」




112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/08 01:25 ID:UpwLZiqR0
待て待て
兄者の誕生日=弟者の誕生日じゃないのか???




113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/08 01:28 ID:nImyY8u4O
この話双子設定だっけ?




114 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/08 01:30 ID:PtMJEgqm0
これは設定を忘れてた自分のミス、すいません。

一応下にそれを補完するレスを入れておきます




 


117 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]]:07/09/08 01:35 ID:PtMJEgqm0
(´<_` )「ところで…………」

川 ゚ -゚)「ん?」

(´<_` )「兄者の誕生日=俺の誕生日じゃないか?」

川 ゚ -゚)「ああ、そういえばな……」

(´<_`;)「そういえばって……酷いな……」

川 ゚ー゚)「冗談に決まってるだろう、ほら。おめでとう」

(´<_`;)「……これは?」

川 ゚ー゚)「まあ、あけてみろ」

(´<_` )「………………時計、か」

川 ゚ -゚)「お前は時間に律儀だからな、電波時計を買ってみた」

(´<_` )「お心遣いどうもです、時計が無いと生きていけない人間ですので」

川 ゚ー゚)「つくづくおかしなやつだなw」

(´<_` )「もう知り尽くしてるだろう」

川 ゚ー゚)「そうだな、思いつかなかったよ」




 


119 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]]:07/09/08 01:38 ID:PtMJEgqm0


(;'A`)「ちょっとつーさん! 一応あの兄弟が主役なんですからね!」

(*゚∀゚)「いいじゃんいいじゃんww堅いこと言うなってwwwwパーティーは楽しむためにあるんだぞ?」

(;'A`)「そうですけど……少しは遠慮を……」

(*゚∀゚)「兄者さんなら許してくれるって、弟者さんもいいムードだし! ほら! 飲もうよ!」

(;'A`)「はいはい……わかりましたよ……」

(*゚∀゚)「素直で偉い!」

('∀`)「……褒めても何も出ませんよ?」

(*゚∀゚)「出すのは少しの言葉と様々な液体だけでよし!」

(;'A`)「どさくさにまぎれて何言ってんですか!」




 


121 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]]:07/09/08 01:41 ID:PtMJEgqm0
( ゚∀゚)「……君、知っているか?」

( ・∀・)「僕達が此処に呼ばれた理由ですか?」

( ゚∀゚)「いや……変態とはな、何故人を惹きつけるかということについてだよ」

( ・∀・)「なんか魅力があるんじゃないですかね? 面白いとか?」

( ゚∀゚)「それもあるだろうが、私はそれだけじゃないと思う」

( ・∀・)「なんですか?」

( ゚∀゚)「人間は、皆変態だ。要するにオープンな変態と、内に秘めた変態、この二つは反対の存在であるが元は同じ。
     眠っている部分が刺激されるんだろうな、人間の本能として。だから私達は此処にいるのではないかね?」

( ・∀・)「そんな……僕まで変態みたいじゃないですか」

( ゚∀゚)「言っただろう? 人間は、皆変態だ とね。 さあ飲もうじゃないか!」

( ・∀・)「ういっす、倒れるまでお供させていただきます」




 


123 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]]:07/09/08 01:48 ID:PtMJEgqm0
(,,゚Д゚)「おう、飲め」

(´・ω・`)「せめて手錠外してから言ってよね、手が届かないよ」

(,,゚Д゚)「悪いが、犯罪者に飲ませる酒は無い。一応あの二人からの誘いだからな、仕方なくだぞ」

(´・ω・`)「ねえ、僕が何をしたって言うの?」

(,,゚Д゚)「ホモまでは許す、人に危害を加えたからだ」

(´・ω・`)「ホモを認めてくれるなんて寛大な刑事さんだね」

(,,゚Д゚)「褒めて俺の口は緩もうとも手錠は緩まんぞゴルァ」

(´・ω・`)「ちぇ、つれないやつだな」

(,,゚Д゚)「それで結構、俺はそんな性分なんでね」

(´・ω・`)「もてないよ? 男に」

(,,゚Д゚)「妻と息子がいるから充分だ、友人もいるしな」

(´・ω・`)「下っ端の癖に、随分待遇がいいね」

(,,゚Д゚)「下っ端だからこそ、だ」

(´・ω・`)「そんなものなのかな」

(,,゚Д゚)「少なくとも、うちではそうだ」




 


125 ◆PORNOqm4Ug [大団円(エピローグは次だよ!)]]:07/09/08 01:53 ID:PtMJEgqm0
( ´_ゝ`)「ふぅ……楽しそうだな、皆」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ、酒に溺れてますね」

(;´_ゝ`)「そういう言い方をするな、大人の汚い部分を見せ付けられた気持ちになる」

ξ゚ー゚)ξ「わざとですよw ……皆さん、良い人たちばっかりですね。見ず知らずの子供を受け入れてくれて」

( ´_ゝ`)「ああ、皆結局は子供が好きなんだよ。ホモだろうが、刑事だろうが、もてない男だろうがな」

ξ゚⊿゚)ξ「それは、私にとっては凄くありがたいことです」

( ´_ゝ`)「そりゃ、親との接する時間があんまりないんだもんな。少しは俺も役に立てたかい?」

ξ゚ー゚)ξ「ええ、あなたがいなければここまで私は社交的ではありませんでしたし」

( ´_ゝ`)「嬉しいこと言ってくれるじゃないの……まあ、こっちも助けられてるんだがな」

ξ゚ー゚)ξ「お互い様ですねw」

( ´_ゝ`)「言うようになったなwww」



それぞれの幸せな時間を刻ませて。
流石家の一室で、彼らは騒ぐ、語る、踊る。
ツンが来てから、輪が少しずつ広がっていった。これも彼女の功労なのだろう。

幸せな時間はあっという間に過ぎてしまい、彼らは眠りに付いた。




126 ◆PORNOqm4Ug [エピローグ]:07/09/08 01:55 ID:PtMJEgqm0
これで私の日常の紹介はおしまい。

いつでも、楽しく接してくれる兄者さん。
しっかり者で、3人をちゃんと纏めてくれる弟者さん。

この二人とは、多分私が結婚するまで一緒にいると思います。
その前に結婚できるのかな? まあ、いざとなれば兄者さんに貰ってもらうってこともありかな?

( ´_ゝ`)「どうしたツンちゃんwwwにやにやしてwwwフヒヒwww」

(´<_` )「お前もにやにやしてる上に、途方も無くキモいぞ」

ξ゚ー゚)ξ「やっぱり、良いですねw」

( ´_ゝ`)「?? 何が?」

(´<_` )「俺にもさっぱりだ・・・」

ξ゚ー゚)ξ「なんでもないですよ! じゃあ今日も頑張りましょうか!」

( ´_ゝ`)「よくわからんが、把握した」

(´<_` )「つってもいつも通りにするんだけどな」

このいつもと変わらない感覚。
それがまた堪らなく安らげる、楽しめる。
ずっとこんな日が続けばいいなぁ……。

終わり




127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:07/09/08 01:56 ID:UpwLZiqR0
乙!




134 ◆PORNOqm4Ug []:07/09/08 01:59 ID:PtMJEgqm0
あとがき

長い時間お付き合い頂きありがとうございました。

親友の息抜き、ということで始めたこの作品ですが、予想外に大きくなりすぎました。
自分の処女作「ツン世話」のリベンジとして書いたつもりですが、いつのまにか後日談のようになってしまいました。

ツン世話は、やはり自分にとっても思い出深いものです。
話を考え出すのに苦労もしました、時間もかかりました。
でもその苦労に見合った分、心に残っているんだと思います。

ツン世話の続編は「gdgdになるから書かない」と決めていたのですが、お題方式は上手くgdgdを回避できました。
書いてて楽しかったです、お題をくれた皆様、ありがとうございました。

現行の親友ですが、いかんせんスランプに陥っております。
4話の執筆も途中で止まっており、投下はいつになるかわかりません。
といってもできるだけ早く投下します、待っててくださってる方は申し訳ありません。

それではこの辺で


スポンサーサイト




banner_01.gif

[ 2007/09/08 00:00 ] ξ゚⊿゚)ξ | TB(0) | CM(0)
, このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DMM.com
DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売 DMM.com 映画・ドラマ、アニメのダウンロード販売 DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
プロフィール

newsvipblog

Author:newsvipblog
2008年11月2日ブログ開始
ブログにいろいろ機能付けていきたい

フリーエリア
banner_01.gif
最新記事
最新トラックバック
DMM.com
DMM.com ゲーム通販 全国送料無料!
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク